DV、ストーカー被害者は追跡があり危険なので、別名で銀行口座が開けるようにしてください

このキャンペーンは終了しました

DV、ストーカー被害者は追跡があり危険なので、別名で銀行口座が開けるようにしてください

320人の賛同者が集まりました
発信者:SASAKI MAKI 宛先:全国銀行協会

またストーカー殺人事件が起こりました。暴力をうけて自宅にいられなくなった私の友人は、夫からの追跡を怖れ、危険を回避するため、子どもとともに別名を使い、居住地を伏せて暮らすことを余儀なくされています。先日新規口座を開きに銀行に行くと、本人と認めてもらえず、口座がもてませんでした。そのためパートの登録ができず、就業の機会を失い、失意の中にいます。行政の窓口では、DV証明などがあれば、通称名の使用で手続きができるようになっているのに、銀行口座がないため、さまざまな不便を強いられているDVやストーカーの被害者に対して、行政と同じような特例措置をお願いします。そもそも被害者が一生、名前や住所を変えて逃げないといけない現実が一番の問題です。

【個人情報について】
署名をしたキャンペーンの右欄を見ると、「最新の賛同者」一覧が掲載されています。右欄に氏名を出さないようにするには、「賛同!」という赤いボタンの
下にある「署名をChange.orgで公開する」のチェックを外して下さい。
ただし、「コメント(任意)」を残した場合は、ユーザー名が記載されます。

また、プロフィール・ページの「タイムライン」には、賛同したキャンペーン
が表示されます。賛同を表示したくない場合、プロフィールページから
非公開設定にすることもできます。
「アカウント設定」の編集画面にて、「プライバシーの設定」もしくは
「トピックに関する活動、団体、友達を削除」の項目で、プロフィールの
公開設定 や支援・支持団体の公開設定をしてください。
分野を指定することもできますし、キャンペーンごとに非公開にすることも
できます。

 

このキャンペーンは終了しました

320人の賛同者が集まりました

キャンペーンをシェア