世界から称賛される受動喫煙対策でIOCの掲げるタバコのない オリンピックを実現しよう

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


2020年、東京オリンピックが開催されます。

IOCはタバコのないオリンピックを、とスローガンを掲げています。

近年の各大会も、このスローガンに協調して公共の施設や飲食店など屋内全面禁煙という基準をクリアして開催されてきました。

しかし、日本ではタバコ製造販売業が昔は国営だった歴史があり、議員とタバコ業界、飲食業界との癒着、いまだにタバコ税を貴重な税収と誤解しているお役人や、タバコ会社からの広告料で利益を得ているメディアがタバコの害についてほとんど報道しないことなどもあり、受動喫煙対策が後進国並みに遅れているのが現状です。

そして、人類の健康や環境汚染よりも目先の既得権益を守るため、オリンピック基準の受動喫煙対策も関係者によって回避しようという動きが出てきています。

一部の関係者の目先の利益を優先するために例外基準を設けたり機能が低い分煙にされては、タバコの毒性化学物質が人間の体に悪影響を及ぼし医療費の削減にもつながりません。

未来の日本を俯瞰してみれば喫煙が財政破たんを促進させる一因であることも容易に推測できるはずなのに…。

受動喫煙対策を行っていない個人経営の飲食店の店主も、毎日自身が店内で能動喫煙もしくは受動喫煙をしているうちに、借金の返済途中で発病して負債だけが残る確率が高まっているという現実を知るすべがありません。

この問題を安倍晋三首相に訴えなければなりません。

世界から称賛される受動喫煙対策でIOCの掲げるタバコのないオ リンピックを実現するため、この署名キャンペーンに、みなさまひとりひとりのお力を貸してく ださい!!

九州看護福祉大学川俣教授の直近の大規模な世論調査では、屋内全面禁煙支持が全体の約70%にのぼっています

タバコのない東京オリンピックをめざす会



今日:タバコのない東京オリンピックをめざす会さんがあなたを信じています

タバコのない東京オリンピックをめざす会さんは「aaa@bbb.com: 世界から称賛される受動喫煙対策でIOCの掲げるタバコのない オリンピックを実現しよう」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!タバコのない東京オリンピックをめざす会さんと72人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。