#FREEUSHIKU 東日本入国管理センターはインド人男性の死の責任を明らかにし、無期限長期収容をやめよ。【5月28日東日本入国管理センター提出済、法務省提出に向けて継続中】

0 人が賛同しました。もう少しで 25,000 人に到達します!


English Petition: https://www.change.org/p/immigration-bureau-of-japan-freeushiku-stop-long-detention-by-japan-immigration-bureau-investigate-suicide-incidents

【5月28日、本署名を東日本入国管理センターに提出しました。法務省への提出に向けて署名を引き続き募っています。】

牛久の入国管理センターは長期収容を直ちにやめてください。ディパク・クマルさん(享年32歳)の死の経緯と責任を第三者委員会によって明らかにし、収容者に対する医療を保障してください。


4月15日ころから、茨城県牛久にある東日本入国管理センターで、収容されている外国籍の人々がハンガーストライキを行っています。昨年5月のハンガーストライキよりも大規模になっており、現時点での詳細な状況は分からないものの、決死の覚悟で人権剥奪に抗議している深刻な事態です。私たちは日本が批准している国連人権規約および難民条約の人権規定にもとづき、収容者の求めに強く賛同して、以下の三点をもとめます。


1. 4月13日に同センター内で自死したディパク・クマルさん(享年32歳)の死に関して、人が死に追い込まれるほどの収容を継続した責任の所在を第三者委員会によって調査させてください。日本の入管に収容された方の自殺は2006年以来4人目です。


2.入国管理センターは刑務所ではありません。半年から3年以上にも渡って期限も知らせずに強制収容する習慣をやめ、長期収容されている人々を仮放免し、PTSDのケアについて責任をもって方針を明らかにしてください。


3. センター内における医療アクセスを改善し、これまでのように病人がセンター内で十分な医療を受けられず死に至る状況を直ちに変えてください。同施設では、2014年にはイラン人(33歳)とカメルーン人(40代)が病死しています。東京弁護士会も、第三者機関による検証と再発防止策を求めています。https://www.toben.or.jp/message/seimei/2-1.html   にもかかわらず、2017年にはさらにベトナム人が同じセンターで激しい体調不良を訴えても医療を受けさせてもらえないまま亡くなりました。https://www.asahi.com/articles/ASKD45CXYKD4UTIL04Q.html 


説明:
少なくとも100名以上の収容者による今回のハンガーストライキのきっかけは、4月13日に仮放免申請の却下を受けたディパク・クマルさんという32歳のインド人男性が、翌日センター内のシャワールームで自死したことでした。2017年4月に来日してから難民申請を行い、同年7月から今月まで入国管理局に無期限収監されていました。今回のクマルさんの事件は、インドでもすでに報道されています。http://www.tribuneindia.com/news/punjab/ludhiana-man-dies-in-japan-kin-seek-probe/574469.html


ロイターによれば、2006年以来、日本の入国管理局に収容された外国人の自殺は4人目です。その他、医療へのアクセス不良などを背景として収容中に10人の方が亡くなっています。https://www.reuters.com/article/us-japan-detention-death/indian-man-dies-in-japanese-immigration-detention-center-in-apparent-suicide-idUSKBN1HK18Z


「牛久の会」によれば、東日本入国管理センターの収容者たちは、今年3月にはセンター所長宛の「嘆願書」で、国連人権規約が「犯罪により処罰される場合を除き、肉体的、精神的な苦痛を受けない」としているにもかかわらず、センターで人権を剥奪されていることを訴えています。http://www011.upp.so-net.ne.jp/ushikunokai/


Since the death of an Indian man on April 13 at the East Japan Immigration Center in Ibaraki Prefecture, detainees have been refusing to eat. The number of participants is much larger than the previous such strike at the same facility in May 2017. The detainees are currently protesting against the deprivation of human rights at the risk of death. In light of the International Bill of Human Rights and Convention relating to the Status of the Refugees, we strongly approve the detainees’ requests and urge the East Japan Immigration Center and the Immigration Bureau of the Ministry of Justice to fulfill the following demands.


1. Set up a third-party committee of investigation to clarify who have been responsible for continuing the dehumanizing detention, which led Mr. Deepak Kumar to take his own life at the age of 32 at the detention center on April 13th.


2.The Immigration Center is not a prison. The habit of detaining people indefinitely from 6 months up to more than 3 years should be immediately halted, and the detainees, especially those who have been subject to long detentions, should be granted a temporary release status. Moreover, the center should clarify the ways in which it will care for the Post Traumatic Stress Disorder many ex-detainees suffer upon release.


3.Improve access to medical care inside the detention center, where the detainees are not allowed to see a doctor even when they are in urgent need of medical attention. As a result, a 33 year-old Iranian and a Cameroonian person have died during detention in 2014 at the East Japan Immigration Center. Tokyo Bar Association has issued a statement about the incident, indicating the grave responsibility of the Immigration Bureau of the Ministry of Justice. Last year, a Vietnamese man died in the same facility after his pleas for medical attention have been ignored by the center staffs.


More than a hundred detainees at the East Japan Immigration Center have launched a hunger strike following the apparent suicide of Mr. Deepak Kumar, a 32 year-old Indian man who was informed of the denial of temporary release status the previous day after 9 months of detention. Mr. Kumar came to Japan in April 2017. He was denied a refugee status and had been detained by the Immigration Bureau since July 2017. His family is demanding the Indian government to probe into the case. The family is waiting for his return.


Reuters reports that this is the fourth case of suicide committed by the detainees held by Japan’s Immigration Bureau since 2006. In addition, 10 people have died during detention in facilities notorious for the difficult access to medical care.
In March 2018, the detainees at the East Japan Immigration Center have sent its chief manager a letter of petition and requested to end the system of long and dehumanizing detention by which the Immigration Center effectively violates the International Bill of Human Rights.



今日:#FREEUSHIKUさんがあなたを信じています

#FREEUSHIKUさんは「5月28日提出予定! #FREEUSHIKU 東日本入国管理センターは自殺の責任を解明し長期収容をやめよ。Stop indefinite detention at Japan Immigration Bureau. Investigate suicide incidents」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!#FREEUSHIKUさんと17,528人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。