Petition Closed

2013年の1月、同志社大学は「来年度(2013年度)からの文系学部の今出川キャンパス移転」に伴い「今出川キャンパスで学ぶ学生の数が7000人増加し2万人超となる」ことを理由とし、駐輪スペース確保の観点から、周知期間として1年間経過した2014年4月から今出川キャンパスへのバイク通学を禁止すると発表しました。(https://www.doshisha.ac.jp/news/2013/0326/news-detail-706.html

本件について大多数の学生が知らない間に、秘密裏に説明会が行われ、その場でも反対意見が噴出しましたが、結局それには答えることなく「バイク通学禁止は既定事項だ」として一切交渉の姿勢は見せませんでした。

確かに学生数は増加したことは事実です。しかしながら「学生が増えて場所がない」と言いながら
・「地域住民のため」との大義名分のもとで京都府警にキャンパス敷地を貸与
・大河ドラマ「八重の桜」放送に伴い、大学内を観光スポットとして整備し、レンガ敷きの「パーパスロード」敷設
・八重の桜にちなんだ「容保桜」の植樹(http://www.unn-news.com/doshisha/article/201303314436
などを行っています。そのために既存の学生用自転車駐輪場は廃止になっています。つまり、地域住民のためや、観光スポット化のために敷地が使われ、そのために学生がバイクや自転車を止めるスペースが縮小され、バイク通学禁止という決定がなされたのです。地域住民のための土地や観光スポットにする場所や桜を植える場所(桜の周りには広大な芝生が併設)はあるのに、学生のバイクを置く場所はないというのはあまりにもふざけています。

そもそも、学生が増えるのは大学側が決定したキャンパス移転計画によるものであり、その責任は大学にあります。しかし、それによって生じたデメリットを学生に押し付けるのは許されるのでしょうか?

バイクは単なる趣味の乗り物ではありません。バイクは数ある乗り物の中でも圧倒的に高い経済性を誇っており、多くの学生の足として活躍しています。低燃費で低ランニングコストなバイクは学生にとってなくてはならない存在です。サークル・部活動のためにキャンパス間を移動する学生(キャンパス間のバスが運行されていますが、毎回長蛇の列でとても全学生が利用できる代物ではありません。)や、交通過疎地に住む学生にとってバイク通学禁止は死活問題です。私のところにも「私は滋賀の山奥に住んでいて、バイクがなければ通学不能になります」という声が届いています。
バイク通学禁止で、通学ができず勉学の機会を奪われる学生が確実に存在するのです。今の大学の態度は学生の勉学よりも、桜や大河ドラマや地域住民が大事だと言っているのです。この様な現実を許してはならないと考えます。

学生の生活を犠牲にしたキャンパス移転などだれも望んでいません。そもそも「バイクをとめる場所」が無いわけではないのです。1986年に京田辺キャンパスができる前は、今出川校地で全学生が学んでいました。当然今の今出川キャンパスよりも学生数は多かったのです。しかし、自転車通学やバイク通学は禁止ではありませんでした。桜を植えたり観光スポットにする土地を学生のために使ってほしい、学生の勉学の機会を守るためにも、学生の生活の足を奪わないでほしい。校祖新島襄先生は「諸君よ、人一人は大切なり」と仰いました。キャンパスという形あるものよりも、学生生活を、学生の勉学の機会を守ってほしいと思います。そのためにバイク通学の禁止の撤回を求めます。

参考
バイク通学についての説明会

京田辺:http://www.youtube.com/watch?v=OX-7RnphTbg(2013 1/25)

今出川:http://www.youtube.com/watch?v=VsR96EtYPIU(2013 1/28)

Letter to
同志社大学学長 法学部教授 村田晃嗣
大学部署 同志社大学学生支援機構今出川校地学生支援課
大学部署 同志社大学施設部今出川校地施設課
2014年度以降のバイク通学禁止に反対する署名を行っています。
2014年度以降の同志社大学へのバイク通学禁止を撤回してください。
学生の生活手段を奪わないでください。
署名活動の趣旨は以下の通りです。
2013年の1月、同志社大学は「来年度(2013年度)からの文系学部の今出川キャンパス移転」に伴い「今出川キャンパスで学ぶ学生の数が7000人増加し2万人超となる」ことを理由とし、駐輪スペース確保の観点から、周知期間として1年間経過した2014年4月から今出川キャンパスへのバイク通学を禁止すると発表しました。(https://www.doshisha.ac.jp/news/2013/0326/news-detail-706.html)

本件について大多数の学生が知らない間に、秘密裏に説明会が行われ、その場でも反対意見が噴出しましたが、結局それには答えることなく「バイク通学禁止は既定事項だ」として一切交渉の姿勢は見せませんでした。

確かに学生数は増加したことは事実です。しかしながら「学生が増えて場所がない」と言いながら
・「地域住民のため」との大義名分のもとで京都府警にキャンパス敷地を貸与
・大河ドラマ「八重の桜」放送に伴い、大学内を観光スポットとして整備し、レンガ敷きの「パーパスロード」敷設
・八重の桜にちなんだ「容保桜」の植樹(http://www.unn-news.com/doshisha/article/201303314436)
などを行っています。そのために既存の学生用自転車駐輪場は廃止になっています。つまり、地域住民のためや、観光スポット化のために敷地が使われ、そのために学生がバイクや自転車を止めるスペースが縮小され、バイク通学禁止という決定がなされたのです。地域住民のための土地や観光スポットにする場所や桜を植える場所(桜の周りには広大な芝生が併設)はあるのに、学生のバイクを置く場所はないというのはあまりにもふざけています。

そもそも、学生が増えるのは大学側が決定したキャンパス移転計画によるものであり、その責任は大学にあります。しかし、それによって生じたデメリットを学生に押し付けるのは許されるのでしょうか?

バイクは単なる趣味の乗り物ではありません。バイクは数ある乗り物の中でも圧倒的に高い経済性を誇っており、多くの学生の足として活躍しています。低燃費で低ランニングコストなバイクは学生にとってなくてはならない存在です。サークル・部活動のためにキャンパス間を移動する学生(キャンパス間のバスが運行されていますが、毎回長蛇の列でとても全学生が利用できる代物ではありません。)や、交通過疎地に住む学生にとってバイク通学禁止は死活問題です。私のところにも「私は滋賀の山奥に住んでいて、バイクがなければ通学不能になります」という声が届いています。
バイク通学禁止で、通学ができず勉学の機会を奪われる学生が確実に存在するのです。今の大学の態度は学生の勉学よりも、桜や大河ドラマや地域住民が大事だと言っているのです。この様な現実を許してはならないと考えます。

学生の生活を犠牲にしたキャンパス移転などだれも望んでいません。そもそも「バイクをとめる場所」が無いわけではないのです。1986年に京田辺キャンパスができる前は、今出川校地で全学生が学んでいました。当然今の今出川キャンパスよりも学生数は多かったのです。しかし、自転車通学やバイク通学は禁止ではありませんでした。桜を植えたり観光スポットにする土地を学生のために使ってほしい、学生の勉学の機会を守るためにも、学生の生活の足を奪わないでほしい。校祖新島襄先生は「諸君よ、人一人は大切なり」と仰いました。キャンパスという形あるものよりも、学生生活を、学生の勉学の機会を守ってほしいと思います。そのためにバイク通学の禁止の撤回を求めます。
http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/2014%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E4%BB%A5%E9%99%8D%E3%81%AE%E5%90%8C%E5%BF%97%E7%A4%BE%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E9%80%9A%E5%AD%A6%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%82%92%E6%92%A4%E5%9B%9E%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84