Petition update

判決がでました

大矢誠容疑者に懲役刑を求める会

Dec 13, 2017 — ご賛同者のみなさま

12月12日 13時半より、開廷された大矢誠被告の判決で
懲役1年10ヶ月 執行猶予4年という判決がくだりました。

裁判官から重刑の理由のかなで、「誠に残虐性なもので常習的犯行である。… 裁判所には、多くの嘆願書が寄せられた、社会に大きな影響を与えた」と、署名についても、またふれてもらえました。
また「駆除行為とは言えない… ネットで煽られたと正当化することはできない」など理由を述べられていました。
廃業に至る、嫌がらせを受けるなどの制裁を受けているとのことから執行猶予がついたものの、常習性があることなどから長期間の4年という判決になりました。

みなさん、非常に悔しい思いをされているかと思います。
やり場のない憤りを覚えているかと思います。

もちろん、わたしもです。

執行猶予のつく大きな理由の一つに、法定刑の軽さです。
法定刑が5年以下であると、実刑(収監)するのは難しいようです。

このたび、大矢誠被告を実刑にすることができなかったのも、
この法定刑が2年以下であることが理由としてあげられます。

いまもなお繰り返されている動物虐待を食い止め、犯罪者を実刑にするためには、この法定刑の底上げしかありません。
でなけれ、こうして何度署名を集めても何十万の数となろうとも
私たちは泣き寝入りするしかないのです。

来年は動物愛護法の改正です。
今回は議員立法で決めることになり、2月あたりから改定案がでます。
それに間に合うよう、改正を求める署名を、peace、JAVA、アニマルライツセンターで集めています。
もしも、まだ署名をしていない方がいらしたら、ぜひご協力ください。
http://animals-peace.net/animal_law/petition-for-animalwelfarelaw

わたしたちは、もうこんな悔しい思いをしたくありません。
大矢誠被告のような人間をいつまでも、のさばらしてはいけないのです。



各ニュース
https://www.bengo4.com/c_1009/n_7096/

https://mainichi.jp/articles/20171213/k00/00m/040/025000c

https://mainichi.jp/articles/20171212/k00/00e/040/263000c

http://www.asahi.com/articles/ASKDD3HL5KDDUTIL010.html

http://www.asahi.com/articles/ASKCX5564KCXUTIL03D.html?iref=pc_extlink

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3237333.htm

http://www.sankei.com/affairs/news/171212/afr1712120044-n1.html

http://www.news24.jp/articles/2017/12/12/07380292.html

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121200839&g=soc


Discussion

Please enter a comment.

We were unable to post your comment. Please try again.