休校中の川崎市の子供達にオンライン授業を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


新型コロナウィルスのパンデミックの影響により、子供達の学ぶ機会が大きく失われています。

川崎市の小学校は3月上旬より休校となり、まもなく2か月になろうとしています。
その間、子供達の学習は各家庭での家庭学習のみに任せられています。

2か月あまりの時間の中。
子供達は孤独です。
お友達の声。存在。
先生のはげましのお言葉。
そんな以前では当たり前の環境が今の子供達にはありません。

家庭学習には限界があります。
授業が再開した際、休校している期間の学習は軽く見直す程度になり、正規のカリキュラムにのった授業は受けられません。
今日、子供達は各家庭環境に大きく左右され、正しく学ぶ機会が損なわれています。
子供達には学ぶ権利があります。

しかし、このままコロナウィルスの収束を待ちながら家庭学習の状況が続けば、日本の教育は他国との差が生まれ、教育水準自体が低くなってしまうのではないかと思われます。

各国の例にならって、オンラインでの授業を希望します。

各家庭のインターネット環境の整備、補助金の拠出。
タブレット、パソコン等の貸し出しを行政が担うことを希望します。
先生と子供達との双方向でのオンライン授業の実現が必須です。

子供達が健やかに学べる機会を求めて、いち早い対応をして頂きたく、皆さんの賛同をお願い致します!