このキャンペーンは終了しました

鹿児島県知事、屋久島町長ならびに屋久島町議会議長殿、屋久島町民は馬毛島軍事基地化に反対です

51人の賛同者が集まりました


※この申し入れは、屋久島町に住民票がある方のみご賛同いただけます。 町外、県外、海外の方のご賛同は大変感謝いたしますが、筆には繋がりません。ご理解のほど何卒よろしくお願いします。 屋久島町民の方は、ご住所を村名から番地までお書きください。住所の詳細が記されていないと無効になります。

申し入れ先

鹿児島県知事 塩田 康一 殿

屋久島町長 荒木 耕治 殿

屋久島町議会議長 高橋 義友 殿

 

屋久島・口永良部島を愛する屋久島町民のみなさんへ。

馬毛島軍事基地化は、すぐ近くの屋久島の環境や暮らしにも、取り返しのつかない大きな影響を与えます。

屋久島のきれいな空に戦闘機の姿や爆音は似合いません。

ぜひ、一人でも多くの反対の声を届けましょう。

 

種子島の西方12km、屋久島からそう遠くない馬毛島に米軍空母艦載機の陸上離発着訓練(FCLP)移転計画が、着々と進められています。

同時に最新鋭戦闘機F35Bや輸送機オスプレイ、ミサイル部隊などのさまざまな訓練を想定した、自衛隊の大規模な総合基地も生まれようとしています。

この馬毛島基地化は、屋久島の自然や私たちの暮らしにも大きな影響を与えることは間違いありません。

騒音、事故、自然破壊、そして不安、怯え・・・。

1年を通じて実施される各種の演習や訓練は、周辺に住む私たちに生活を一変させてしまうことでしょう。

また、これらは恒久的な施設であるとされています。

つまり、子どもたちやそのまた子どもたちの代まで延々と続くということです。

島の将来を脅かすこの重大な計画をただ黙って見ていていいのでしょうか。

私たちが今、声をあげなければ、本当に取り返しのつかない未来をつくってしまいます。

私たちが日々、実感しているすばらしい島の自然を子どもたちにこのまま残していきたいと心から願います。

ぜひ、私たちの声を鹿児島県知事、屋久島町長ならびに屋久島町議会議長に届けましょう。

みなさんの賛同をお待ちしています。

ご賛同いただくと、書面での署名と同じ扱いになります。



今日:正行さんがあなたを必要としています

山下 正行さんは「鹿児島県知事、屋久島町長ならびに屋久島町議会議長: 屋久島町民は馬毛島軍事基地化に反対です」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!正行さんと50人の賛同者と一緒に賛同しましょう。