高輪ゲートウェイ駅に設置された「女子AI駅員」と「男性AI駅員」の格差是正を求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


先日開業した高輪ゲートウェイ駅に鳴り物入りで設置された「AI駅員」。男性型が改札外に1台、女性型が改札外と改札内に1台ずつ設置されていますが、フェミニズムの観点から、以下のような問題点が指摘されています。


●なぜか女性型にだけ、スリーサイズや住所などのプライベートに関わる質問に回答が用意されており、それも「謝った上で軽く受け流す」という内容になっている点。これは、JR東日本が自社の女性社員に対し、セクハラを拒絶せずに受け流すような、同様の対応を強要している、というメッセージだと受け止められかねません。


●男性型と女性型の容姿が違いすぎるという点。発注先が違うということ、また女性型が東京駅などで既に実証実験として供用されていたという理由が考えられますが、どういう必要があって女性型はアニメ調、男性型はリアル調で描画されているのでしょうか?「可愛い女子社員」を案内役として、男性に宛がうことが当たり前の「社風」だとしたら……実際、2008年には東海道本線の車内でグリーンアテンダント(客室乗務員)が車内で強姦されるというおぞましい事件があり、対応策として防犯カメラの設置が行われましたが、本当にJR東日本の社風が女性社員を守れているのか、非常に疑問に感じます。


問題はまだまだありますでしょうが、取り急ぎ、上の2点を挙げさせていただきます。「まだまだあるよ!」という方はお報せください、追記できますので。

解決策は2つです。1つは男性AIと同様の仕様とすること。もう1つは、セクハラ質問についてキッパリと「NO!」と返答するように設定すること。以上です。