よこがわともみ氏の長男に対する乳児院入所を解除し、早急に家庭に帰すことを強く願います。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


初めまして、私は去年病院で帝王切開をして長男の蓮(れん)を出産しました。

その時、息子を妊娠していた時私は夫に黙って男性医師に妊婦検診の内診をしてもらっていました。

私は、その頃はそれほど自分が悪いことをしているという自覚はありませんでした。

しかし、それが夫に知られて手を出されて当時はDVだと被害者面していました。

そんな時、妊婦検診の時に看護婦さんに勘づかれて事情を話すと病院側が早めに私を入院するように夫にうまく話をしてくれました。

その日の入院した夜に医師から相談機関がありますが相談しますか?と言われました。

その頃の私は本当に無知で、被害者意識しかなくて相談することにしました。

そして、入院中に行政の婦人相談関係の方が数回くらい来て話をしました。

そんなある日、女医の先生から私に話をされました。

女医『貴方と話したいという人がいるんだけど、どうしますか?』

私『じゃぁ、話します。』(また、婦人相談関係の人だろうな~)とか思ってました。

しかし…数日後に来た機関はなんと…

児相『私たち児童相談所の者です。』

私『児童相談所!?』

という流れで私は児童相談所と関わりました。

話を聞いていると、お宅の蓮くんを乳児院にいれませんか?との話でした。

 

私は夫にも話を聞いてもらおうと思い再度児童相談所に来てもらい話をしてもらいました。

夫『乳児院に入れる件ですが、保留でお願いします。』

夫がそう言ったのに児童相談所はあっさりと裏切りました。

病院を退院した日に再度、児童相談所の職員がやってきました。

児相『お子さんは、こちらで強制保護させて頂きました。』

今ならわかりますが、これは誘拐です。

そのあと、私は退院後子供のことで喧嘩になり、夫と喧嘩ばかりになりました。

耐えられなくなった私は、自ら婦人相談所・女性相談支援センターに保護してもらいました。

そこでは…貴方は何も悪くないとか旦那さんが悪いとか…離婚を勧められる発言ばかりでした。

しかし、私は最初は女相に洗脳されていたので接近禁止命令(DV法)を発令してしまったのです。後に夫から、お前は間違っていると言われてやっと目が覚めた感じです。

 

そして、今は私は夫の元に戻り一緒に暮らしています。

あとは、息子の蓮が帰ってきてくれたら家族が揃うんです。

私達夫婦は、息子に虐待なんてしていません。

早急に息子を返してください

どうか、高知県知事の尾崎正直さま

児童相談所に連絡して、乳児院入所を解除願います。

そうしないなら、児童相談所を訴えます。児童相談所なんて必要ありません。

拉致機関など存在してはいけない。

どうか、よろしくお願いします。

 



今日:ともみさんがあなたを信じています

横川 ともみさんは「高知県知事: よこがわともみ氏の長男に対する乳児院入所を解除し、早急に家庭に帰すことを強く願います。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!ともみさんと8人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。