香川県を〝特区民泊〟へ!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


香川県を 特区民泊(国家戦略特別区域) にすることで生まれる メリット

【観光客誘致】瀬戸内芸術祭・お遍路巡業・各種スポーツ大会etc. に対応して、二泊三日という時間を安価でしっかりと楽しんでもらう。

【経済活性】二泊三日という一定の滞在期間の制限を、活動基盤としての主旨としてもらうことで、地元産業への経済効果も見込める。

【地元交流】海外・国内問わず。宿泊者に、[外国語教室・各地の料理教室・農作業の手伝い・掃除・皿洗いなど、]宿泊者の特技を活かしてもらうことで、地元住民との交流を図る。

予約時などの申請で、割引クーポンなど発券(就労として以外の還元)。

【空き家対策】安易に増え続けるアパート・ホテルに限らず、維持活用の困難な空き家も民泊として活用。並びに、地元地域を知ってもらい魅力を発信することで、旅行者の、移住も目指す。

【地元地域活性】特区民泊の〝従来の規制を大幅に緩和する〟を活用して、ドッグラン(休耕田利用出来ます)・子ども食堂の併設など… 旧住民と新興住宅地の交流にも役立てる。

【地元雇用増加】観光客誘致により、地元発信での地場産業の活性化。それに伴う地元雇用の増加で就労の場を増やす。

【海外・県外からの魅力発見】地元の人間が見逃しがちな地域の特性・特産の再発見。

 

《集客に対する不安対策》

行政の、大幅な予算編成が必要になるかも

・県内 特区民泊施設 の、比較対象・催しなどが分かりやすく一覧・比較出来るような情報発信サイト

↑特区民泊申請へのガイドラインも明記

↑各地の特区民泊施設、それぞれ個々からの、密接した地域情報発信

↑チャット形式でも、掲示板形式でも良いので、地元住民含めた、交流トークルーム

・スタンプラリー開催

・クーポン発券

・地域,世代の枠を超えた連携

・自治体 地域 主催のイベント情報の発信・協力

・助成金なども検討してください

 

などなど…

思いつくことは果てしなく。

けれど、高次脳機能障害という脳の不思議に振り回されている現状で。

イマの自分にも、なにかが出来るのだと… 少し、信じてみたいのです。