Petitioning 一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC 東京都渋谷区上原3-6-12 and 1 other

音楽教室から著作権料を取らないで!! 日本の音楽教育存続のために

30,047
Supporters

これまで著作権の徴収において教育現場での使用料徴収は教育を重視する立場から著作権料徴収はしない、というのが通例となっていたにもかかわらずその通例をJASRACは「演奏権」を根拠に破ろうとしていることがわかりました。手始めにヤマハ音楽振興会とカワイ音楽教室から音楽授業での音楽講師の「演奏」を根拠に著作権の「演奏権」使用料を徴収すると発表しました。

今までは学校でCD,DVDを配布する、楽譜をコピーして配布する、そして文化祭等にアーチストに対して報酬を払った場合のみを規定し、「演奏権」に関する音楽教育に対する規定は確かにありませんでした、JASRACはそれをいいことに今回本来は「免除規定」の対象にいれるべき音楽教育にその「演奏権」を摘要しようとしています。

ヤマハやカワイといった日本で庶民を対象とした音楽教育の根幹を担ってきた会社に対する「演奏権」の一方的な著作権料徴収は単なるアリの一穴ではすまないのは明らかです。いずれ小さな音楽教室から個人でやっているピアノの先生にまで及び、さらには小学校、幼稚園を始めとする音楽教育にまで及ぶ道を開くものです。

いうまでもなく殆どの街の小さな音楽教室がの殆どが存続の危機にたたされることになり、さらに一般の学校の授業にまで及べば、学校から音楽の授業そのものが消える可能性すらあります。これは決して大袈裟なことではありません

このことによって日本中から殆どの音楽教室が消え、日本の音楽教育の苗床がズタズタになることは避けられず音楽の文化全体の不活性化につながります。100年後、日本から音楽文化そのもが消えてしまう可能性すらあります。

このような暴挙を阻止するために 一般社団法人 日本音楽著作権協会に対して 音楽教室、音楽教育に対して著作権の「演奏権」の著作権料徴収方針の撤回を求めます。

日本の音楽教育、次世代の音楽家を育てる苗床を守るために皆さんのお力を賜りたくお願いします

This petition will be delivered to:
  • 一般社団法人日本音楽著作権協会
    JASRAC 東京都渋谷区上原3-6-12
  • 一般社団法人日本音楽著作権協会 理事長
    浅石道夫


    大野 恭史 started this petition with a single signature, and now has 30,047 supporters. Start a petition today to change something you care about.




    This petition can’t win without you

    Add your name to help “音楽教室から著作権料を取らないで!! 日本の音楽教育存続のために” win today. Every signature matters.