自然環境を破壊する乱開発や産廃不法投棄を止めさせたい!

自然環境を破壊する乱開発や産廃不法投棄を止めさせたい!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!

発信者:小暮 葵 宛先:静岡県知事

2021年7月3日に静岡県熱海市で起こった土砂災害の原因について、自然環境への影響を無視した産業廃棄物違法投棄乱開発による違法伐採が浮き彫りとなりました。

このような悲劇を繰り返さないために、自然環境改変による影響をしっかりと調査してもらい、何かしらの影響がありそうだったり、災害が起こりそうな乱開発が行われる危険がある時には、その事実を住民に通知して欲しい。

それを担うのが行政の役割だと思うので、静岡県知事に願います。

自然環境改変による影響に関する条例」の制定を検討してください。

産業廃棄物違法投棄に直接影響します。

違法伐採を伴う乱開発土砂災害に繋がる危険があります。

自分の住んでいる場所は安全か、飲んでいる汚染されていないか、にはそれを知る権利があるし、知らせる義務もある。

私は静岡県西部で山林の保全管理をしていますが、何が行われているのかを知る事ができなけれは対処できません。られされるばかりです。

いくら保全管理をしたところで、違法行為に対応できなければ土砂災害は防げません。残念ながら今の私たちはその行為を知る事すらできない。

山間地への廃棄物違法投棄、森林の違法伐採は、知らぬ間にこっそりと行われています。行政がそれを注意できるのは、産廃が捨てられた、木が切られた。これでは何もかも遅い。一度された自然は簡単には元に戻りません。30年~50年かかります。

だからこそ、自然環境を本気で保護するつもりがあるのであれば、産廃が捨てられる前に知らせてもらいたいし、木が切られる前に知らせてもらいたい。

そうすれば身体を張ってでも止める事が出来ます。

自然は個人の持ち物ではなく皆の財産です。それを荒らし汚す行為に対し、断固として反対の姿勢を持ち続けたい。静岡県知事にもそのような姿勢を貫いてもらいたい。まず知らせてください。それだけで自然れます。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!