難治性疼痛及び神経障害性疼痛、アロディニア等患者が身体障害者申請できる様に賛同をお願い致します!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


術後慢性疼痛や神経障害性疼痛、CRPS患者などは見た目では分かりませんが、身体中がビリビリしたり何かに刺される様な強烈な痛み等々、歩けない動けない薬も効かない、医師に痛みの元を理解されない等毎日痛みと闘っているのが現状です。働くこともままなりません。

脊髄刺激療法という治療法で体内に機械を埋め込んでも身体障害者とは見なされず闘病するには金銭的にも本当に苦労します。

確かに医療は進化を遂げており、沢山の薬がありますがそれもまるでサプリメントの様な状態で『服用していたら今の痛みがほんのすこしマシになる』というだけで殆ど打つ手がない状態で、眠れない毎日を送っている方々が大勢いらっしゃいます。俳優さんがCMで宣伝していますが、そんな簡単な問題ではありません。

私もその1人です。手術しても傷ついてしまった神経は再生せず、手術中も患部の剥離で神経を触られるので手術後、前とは別の箇所に痛みや痺れが出現し医療用麻薬をドンドン増やしても効果が現れず、腰を真っ二つに割られる様な痛みが常にあり、たった3〜400m程度の歩行で寝込む事もあります。頸椎にも胸椎にも同様症状がある為、病み始めたら腕は使い物になりません。

この病気の痛みは人の心を壊し平凡な日常を送る事もできずただただ涙を流し痛みを堪えるしかありません。

どうか、この病気をもっとたくさんの方々に知って頂きたくさんの治療を受けられる為に身体障害者の申請ができる様に皆様のご賛同をお願い申し上げます。

This is the signature activity i started.
There are many patients all over the world.
The disease name is chronic pain, neuropathic pain.
I'm patient.
I'm seeking a lot of signatures.



今日:麻由さんがあなたを信じています

安ヶ平 麻由さんは「難治性疼痛及び神経障害性疼痛、アロディニア等患者が身体障害者申請できる様に賛同をお願い致します!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!麻由さんと150人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。