闘わせ傷ついた鶏を捨て、殺す。闘鶏をなくしてください!

0 人が賛同しました。もう少しで 25,000 人に到達します!


小さな囲いの中に2羽のオスの軍鶏(シャモ)を入れ逃げ場をなくし、闘わせ、それを楽しみ、また金をかける。
鶏は頭から、体から血を流し、骨まで見える状態になり、勝ち負けが決まる。
負けて使い物にならなくなった鶏を、容赦なく遺棄する。
闘鶏に使えないメスの鶏や、噛ませ犬的に使われる蹴爪やくちばしを切り取られボロボロになったオスの鶏も遺棄される。
下クチバシを切って無抵抗にした軍鶏と健康体の軍鶏を闘わせて何分持つか金をかけるということまで行われるという。
2018年から捨てられた軍鶏の保護をはじめた沖縄県の動物保護団体「クックハウス」の敷地や、付近の道路に両脚をきつくテープで拘束して捨てたり、エサ袋にギュウギュウ詰めにして遺棄する。
袋の中で死んでいた鶏もいる。
道路で死んでいた鶏もいる。
高速道路に打ち捨てられていた鶏すらいる。

今、沖縄県で起きていることです。

動物を傷つけることは動物殺傷罪、または動物虐待罪にあたり、動物を捨てることは動物遺棄罪にあたります(動物愛護管理法第44条)。
さらに金をかけていれば刑法の違法賭博(刑法185条、186条)にもあたります。
あらゆる面で違法であるが、沖縄県ではこれが続いています。
闘鶏の違法性を把握しているためか、こそこそと隠れて行われているのです。

沖縄の文化?

それは違うと断言できます。
闘鶏は隠れて行われていて行政も警察も場所を把握しておらず、隠れて行うようなものが、文化や伝統と言えるはずはありません。
そして多くの人は闘鶏という暴力を楽しむのではなく、平和を好んでいます。
さらには、闘鶏はあらゆる地域で行われており、固有のものではありません。
ただ、多くの地域がその残酷さや周囲への悪影響を認め、廃止したり淘汰されていったのです。
闘鶏、闘犬等動物を闘わせることは、東京都、北海道、神奈川県、福井県、石川県ですでに条例で明確に禁止されています。

沖縄県での闘鶏による一連の非人道的行為をなくすためには、沖縄県自身、つまり県としての条例により、禁止を明確にする必要があります。

私達は現在沖縄県に対して、「闘鶏を禁止する条例の制定を求める陳情 」を提出しています。

これを後押しするためにも、署名にどうかご協力をお願いします。

7月に県議会で再審査が行われます。

沖縄県は、どうか弱者への暴力を肯定しないでください。

※クックハウス https://chickenhausu.amebaownd.com/
※アニマルライツセンター 記事 https://arcj.org/issues/entertainment/cockfighting/



今日:愛美さんがあなたを信じています

天津 愛美さんは「闘わせ傷ついた鶏を捨て、殺す。闘鶏をなくしてください!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!愛美さんと15,262人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。