学生の金を返せ!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


関西学院大学の法学部自治体は一年で28万円の使途不明金を出した。今まで判明してるだけでも160万円、実際に組織に属している人からのタレコミでもっと多額の金を私的に利用していると聞いた。

この団体は法学部に属する学生から一律に金銭を徴収している。関学法学部事務室が代理で徴収している。つまり関学法学部に属すれば、その時点でこの団体に金銭を支払うことになる。二千人以上の学生から、年間約290万円を集めている。

しかしこの団体には多額の金銭を扱う自覚がない。金銭の管理も杜撰で領収書の場所は不明、責任者の名前も出さず連絡も取れないと平然と言い放った。剰え、訪問した学生の情報を学校へ流した。訪問しないようにと、法学部側も指示を行なった。

法学部側は自治体だからという理由で手を出さない。しかしこの団体はもはや法学部と癒着状態にあり、活動も辞書の貸し出しとコピーのみである。政治活動とは全く無縁である。そして今回の件について法学部や教授と話し合い、沈静化を図っている。自治体の成り立ちをご存知の方なら分かるであろうが、これは最早自治体ではない。

話し合いの場を設けても現場に行くといない、連絡がつかない等の対応を取るばかりである。渡すと約束した文書を受け取った学生はいない。文書の用意もしていない。実に不誠実な対応しかしないのは、何か疚しいところがあるのではないかと思ってしまう。

文◯から取材の話がありこの件で話し合ったものの、吉本の事件が起こった後に記者からの連絡はなくなってしまった。

ワイドショーのネタにならないような小さな事件かもしれない。しかし我々はこのような関西学院大学法学部並びに法学部自治体の対応と現状を無視できない。

飲み会等に使用した金銭の返還を求め(この団体には一千万円程度の資力があります)、それに加えて組織の監査役を外部から派遣することを強く要請する。