ハウステンボスにカジノはいらんばい!!

ハウステンボスにカジノはいらんばい!!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!

発信者:ストップ・カジノ 長崎県民ネットワーク 宛先:長崎県知事

私たちは「長崎県にも全国どこにもカジノはつくらせない!」と活動しています。
「長崎県にカジノを誘致しないことを求める署名」へのご協力をお願いします。


2018年7月、国会でカジノ実施法(特定複合観光施設区域整備法)が審議不十分なまま自民・公明・維新の会などが強行して可決されました。刑法で禁じられている賭博の一部監禁の問題やギャンブル依存症を増やすおそれ、地域社会や青少年への悪影響そして反社会的な産業で経済の成長を図ろうとすることなどで多くの国民が反対しています。そしてカジノ進出は日本人の預貯金を狙ったものであり、外国カジノ資本が儲かるだけということも指摘されています。

長崎県は佐世保市(ハウステンボス)へのカジノの誘致を推進しており、そのために多額の県民の税金を支出しています。本来、住民の生活環境、社会環境を守るべき自治体が、一時的な雇用創出効果に目を奪われ、多くの人々を不幸にする不健康で退廃的なカジノを率先して誘致するなど到底認めることはできません。
それは地方行政が採るべき道ではないと考えます。

ストップ・カジノ長崎県民ネットワーク ウェブサイトもご覧ください。

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!