【長崎外国語大学】新型コロナウイルスによる授業料・施設管理費の減額について

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


署名は本名でお願いします。

 

※この署名活動は長崎外国語大学内に限る話ではありません。この署名活動が実現した際には、他の大学や学校機関でも同様の対応が成される可能性がありますので、長崎外国語大学の関係者問わず、皆様ご協力お願いいたします。

私たちは、長崎外国語大学の学生です。

皆さんもご存知の通り、長崎外国語大学の授業形態は以下のようになりました。

5月11日(月)以降の授業は、インターネットを活用した遠隔授業を実施

私たち長崎外国語大学の学生は、新型コロナウイルスの影響により、家庭状況が苦しくなったり、アルバイトに行けず生活費を賄えなかったりするという経済的な問題が生じたり、入構規制によって普段通りの授業を受けることが出来ていません。そのような状況下で、オンライン授業を行ってくださる事にはとても感謝しておりますが、例年通りの学費を払うことは不当であると考えます。

そこで、私たちは以下の項目を長崎外国語大学に要求します。

 

1)学費のうち、前期授業料(4年生の場合305,000円)のうち半分を免除。

理由:Web 授業では、従来の講義で行われる教員と学生などの対話が困難であり、授業の質の低下が考えられます。また、インターネットの通信費など、本来は必要でない費用が、web 授業を行うことによって発生してしまいます。そのような状況下で例年通りの授業料を読むことは不当だと考えます。

 

2)学費のうち、前期施設費(4年生の場合193,500円)の全額免除。

理由:入構規制によって学内の施設が利用できないにも関わらず、施設設備費を支払うことは不当だと考えます。入構規制によって、ライブラリーにて文献の閲覧が出来なくなったり、学習機会が失われたりするなどの支障が出ています。また、研究室への訪問や、サークル活動が出来ないことで、ネイティブの先生や留学生との交流も出来なくなっています。


学費の中には大学の各施設の使用料が含まれていることと存じます。最後に大学側にとっても非常事態であり、適切な対応に追われている大変な時期であることは理解しています。そして、日々、我々学生のために尽力していただき感謝申し上げます。その上で上記の要求をひとつひとつ検討していただきたいです。私たち学生と保護者共にこの活動が実現することにより、これからも長崎外国語大学で学習を続けていくことがより現実的になると考えます。