医療職の『はり』の専門家!鍼灸師によるワクチンの接種許可を!安心できる生活に戻ろう!

医療職の『はり』の専門家!鍼灸師によるワクチンの接種許可を!安心できる生活に戻ろう!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:市毛 慎也 宛先:和田政宗 (参議院議員)

新型コロナで毎日、多くの人は生命の危機に瀕しています。
それは決して他人事ではなく、明日は我が身という状況です。私だけは特別などということはありません。

今、新型コロナの感染、重症化を防ぐために、ワクチン接種をしましょうと言われています。
なので、多くの人がワクチンをうつことを希望しているのに、そのワクチン接種を担う医療現場は、そのコロナへの対応で疲弊していて、ワクチン接種どころではないというのが現実です。
ワクチン接種を担当する人が足りないと毎日のようにニュースが流れます。
それを補うために、薬剤師に担ってもらったらいいのではないかという意見が出ています。
ですが、現実問題として、そうした人たちを登用する場合、事前に研修をする必要があります。
通常の業務で注射を打つということをしていないからです。
最近では、資格を持たない医学生にも接種をという話も出てきています。
ですが、これらのだれを登用したとしても、一定時間の研修は必要になります。
一刻も早く、ワクチン接種をと言っているのに、研修はこれからです。

それでは、全国民にワクチンがいきわたるのにあとどれくらいかかるのでしょうか?
こうしてる間にもどれだけの人が感染し、重症化し、亡くなってしまうのか、恐ろしいことです。

そこで、私たちが提案したいのは、このワクチン接種担当者として、日本に10万人以上存在する鍼灸師を活用するということです。
鍼灸師は、日本で、医師や看護師以外で、唯一、人間に針を打って良いと国が認めた資格を持っています。
また、普段から人の体を診ることを生業にしているため、人体や筋肉に関する知識、病気などの知識も一般の人よりは多く持っています。何よりも普段から鍼を打っているため、人の体に針を打つことに抵抗がありません。
事前の研修は必要ですが、それ以外の人のときよりは短くできるはずです。

この資格を持った人がワクチン接種の担当者として認められないのはなぜでしょうか?

私たちは鍼灸師こそ、この業務に最もふさわしい人のひとりだと考えます。
是非、政府にこのことを認める活動にご協力ください。
鍼灸師が登用されることで、逼迫している医療現場から医師や看護師を引っ張り出すことをしなくて済みます。
医療崩壊の危機を免れることにつながります。

一刻も早く、日本中にワクチンを届けましょう。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!