金城学院大学へ学費の一部返納、補助金の給付の要望する

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


こんにちは。私は金城学院大学 文学部 英語英米文化学科4年のM.Sだ。
本来ならば実名を公表して、この活動を行うべきだが就活生という立場上控えさせていただきたい。ご存知の通り、現在コロナウイルスが猛威を奮っており感染拡大が続いている。従って、本校でも感染拡大防止、クラスター発生防止のために校内の立ち入り禁止や遠隔授業が行われるなど適切な措置がとられている。本校の教職員は我々学生に良質な教育を提供できるよう、日々尽力してくださっていること、このような不測の事態に対し、私たちの命を守るべく、様々な適切な対応を施してくださることに心より感謝の意を述べたい。しかし、学生の中にはアルバイトで学費を捻出している者や、奨学金を借りている者がいること、アルバイト先の自粛により稼ぎがない者、親の給料が減給、ゼロになった者がいること、これらを念頭においてほしい。私は困窮する学生、経済的負担を負った全学生を助けたいとの思いで今回立ち上がった。
 
 
《活動に賛同してくださるみなさまへ》

・今すぐ賛同から参加をお願いします。賛同後に認証メールが届いた際は、そのメールに表示されている「あなたのメールアドレスの認証をお願いします」をクリックしてくだい。賛同には認証が必須です。

・あなたの自発的な行動が未来を変えます。多くの人にこの活動を知ってもらい賛同していただきましょう。知人、ご両親、アルバイト先の金城生など多くの人にぜひこの活動を広めてください。

・以下のGoogleフォームにて個人情報の入力をお願いします。みなさまの意見を大学へ届けるためです。⬇︎

https://docs.google.com/forms/d/1UWBPUIt4eLxL1aXyKqn4pdU84AI6HUGh0Eb-7tF6YSg/edit

・在学生はメールアドレスは学内のアドレスを使ってください。

・在学生以外の活動の参加には卒業生、教員、保護者または施設関係者であることが必要です。

・4/31までに500人が集まることを目標としています。500人に到達した時点で、大学に報告したいと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、本題に入るとする。この活動の目的は、『金城学院大学に対するコロナウイルス感染拡大防止措置を理由とした授業料の一部返納、減額、補助金給付の要望』である。私たち学生や関係者の以下の意見を取り入れた、施策を考えていただきたいとの願いだ。
 
・授業料の返納、減額
今学期の授業開始日が4/20に伸びたため
対面授業とweb授業(4/20〜5/31)では講義の質に明らかな差があるため
Web授業では仲間との意見交換、質疑応答が難しく、期待する学習環境ではないため
→授業料の50%返納が望ましい
 
・施設設備費の返納、減額
本校では5/31まで(4/24時点)キャンパスへの立ち入りが禁止となっており、図書館、運動施設、ラーニングコモンズ、サテライト等が使えないため
→施設設備費の50%返納が望ましい
 
・遠隔授業受講のための必要機器の購入補助金
遠隔授業受講のためにPC、オーディオ機器、ネット環境が急遽必要なため
→学生へ一律70,000円の給付が望ましい
 →通信環境設備等の支援として50,000円の支給が決定(4/28)

 

以上の3点だ。特に、施設設備費に関しては、web授業を行うにあたり大学は費用がかかる、今もなお施設維持のために尽力してくださる方が居るのも分かるが、立ち入り禁止期間は施設、設備を、一切利用できないにも関わらず、年38万円の施設設備費の支払いというのは到底受け入れ難い。同様に、遠隔授業では私たち学生が期待する金城学院大学の質の高い授業を受けられないにもかかわらず例年通りの学費を納めるのも納得し難い。また小さなスマートフォン画面での講義視聴は非常に困難であり、1人1台のPC保有は欠かせないといえる。遠隔授業受講のための機器やWi-Fiの購入、契約、設置や授業に必要なレジュメを自身で印刷をする必要がある等、このような状況は学生にとって大きな経済的負担であり、不安である。

p.s.

4/23に大学へ問い合わせた際に、学費の減額や給付金については考えていないとの回答を得たため、一学生の意見として、給付金を求めた。

 
最後に、
教職員のみなさまにおかれましては、このような不測の事態の中で、最善を尽くして対応してくださることに心から感謝しています。私たち学生は期待と希望を持ち、この金城学院大学を進学先として選びました。今こそ、キリスト教の精神のもと、私たち学生と教職員の方々が団結して、心を1つにこの難局を乗り越えるべき時だと考えています。私たち学生、関係者のかたがたの意見を取り入れた対応をどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
金城学院大学 文学部 英語英米文化学科 4年
M.S(大学からの直接の連絡があれば対応します)