キャンペーン成功!

通学路を歩く子供達を守ろう!!

64人の賛同者により、成功へ導かれました!


問題の道路は神奈川県川崎市宮前区神木本町に位置する市道です。この道路は通学路になっていますが、交通量も多く子供達が危険な場面も多数見受けられています。そこで安全な道に改善する為に、この運動が始まりました。

問題1

問題道路周辺は近年爆発的に住宅建設が進み住宅が増えています。したがって車の利用者も増えているのと同時に、この道路は近隣の教育施設の通学路になっています(平小学校・向丘中学校・ひばり幼稚園)通学路であるだけに、通学時間帯には車・バイク・自転車が細い道にも関わらず早い速度で行き交い、通学する子供達と衝突寸前の危険な場面も多数見受けられています。また問題道路はカーナビなどの抜け道として登録されているらしく、数年前より車両の通行量も増えていて、近隣の工事現場以外のトラックやダンプなどの車両も頻繁に通行しています。

問題2

問題道路は道幅が狭い所で3.7mと狭い箇所が幾つもあり危険であると同時に、見通しの悪い箇所が多いにも関わらずカーブミラーの設置台数も少ないのが現状です。また狭い道路ですがこの道路は一方通行ではなく頻繁に車両同士がすれ違い、寄り過ぎて近隣住宅破損や店舗看板・駐車車両への当逃げ破損事故も多発しています。

 問題3

通学路を歩く一部の子供達に「狭い道路」との認識が欠け横に広がって歩く様子が散見されます。近隣住民やドライバーからは危険との声を多数聞きます。

 以上の問題から私達は地域住民の有志の方々とグループを作り問題解決へ乗り出しました、そこで各関係所管に問題に取り組んでもらう為に請願書の提出を予定しています。請願事項は以下の通りです。

請願事項

通学児童と近隣住民の通行安全確保の取組を求めます。

通行車両同士のトラブルや車両による近隣住宅の器物破損防止の取り組みを求めます

以上の請願内容にご賛同して頂ける方は、力を私達に貸してください。

ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

 通学路交通事故事前防止協議会

            協議長          藤田 時夫                     

            副協議長・事務局長  吉田 一之



今日:通学路交通事故事前防止協議会さんがあなたを信じています

通学路交通事故事前防止協議会さんは「通学路を歩く子供達を守ろう!!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!通学路交通事故事前防止協議会さんと63人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。