足立区議会・同性愛者(LG)差別発言の白石正輝区議に、議会での、すべての市民に対する言いわけ抜きの謝罪と、誤った認識についての訂正と報知を求めます。

0 人が賛同しました。もう少しで 35,000 人に到達します!


 9月25日、2020年度足立区議会において足立区議会自由民主党・白石正輝区議が、「同性愛者(LG)が完全に広がったら足立区民が一人もいなくなる」という趣旨の発言を繰り返し強調し、また「L、Gが法律で守られているではないか、という話になったら足立区が滅んでしまう」との趣旨の発言もしました。どんな言い逃れもできない、とんでもない差別発言です。

 白石区議の議会質問は、日本人や足立区民全員が同性愛者という「ありえない」仮定のもとに、同性愛者を「子どもが生まれない」存在と反復して印象付け、区や国の滅亡に結び付けています。これは、いたずらに危機感を煽り立てて人々を不安にさせ、同性愛者を社会に害をなすものとして人々に刻み込み、偏見や差別、憎悪感情をあおる発言であり、いわゆるヘイトスピーチに連なるものです。

 また現在、同性愛者を特別に守るような法律はありません。そして同性愛者もそうでない者も、日本国民は基本的人権などを法律で守られています。「同性愛者が法律で守られているという話になったら足立区が滅ぶ」との区議の主張は、同性愛者の人権を否定するものといえるのではないでしょうか。

 区議の発言は、同性愛の当事者を苦境に立たせるだけでなく、人知れず自分の性的指向・性自認に悩むたくさんの子どもたちをますます苦しめ、追い詰めるものです。これは子育て支援に真っ向から反しています。

 同性愛はウィルス感染のように広がるものではありません。また、LGBTのいずれも生まれつきかどうか、はっきりわかっていません。同性愛者には子どもが生まれない、ということはなく、子どもを産み、育てる場合もあれば、そうでない場合もあります。性的指向・性自認にかかわらず、性と生殖に関する権利は基本的人権として誰にも尊重されるものであり、少子化を問題視するなら、その責は子どもを産み育てることを困難、リスクにしてきた政治にあることを自覚すべきです。

 白石区議の議会質問は、性の多様なあり方について事実でない誤りを複数含み、誤解、偏見を社会に広め、性的指向・性自認による差別をいっそう強化するもので、区議による議会発言としてあってはならないものです。「行き過ぎ」「誤解」などの言い訳は許されません。白石正輝区議に対して議会での発言撤回および、当事者に対してだけでなく、すべての区民・市民に対しての真摯な謝罪を強く求めます。

※ 表記上の誤りや過不足がある場合は修正が入ります。また、参照情報の追加が入る場合もあります。これらの修正・追加に関してはこのサイト上に更新記録を示します。

※※ 足立区議会2020年9月25日本会議録画配信:白石区議の問題発言は動画の「8分40秒」「14分30秒」から。
https://www.gikai-adachi.jp/g07_Video_View.asp?SrchID=672

※※※ 白石正輝区議 2020年足立区議会第3回定例会 9月25日一般質問通告書
  https://www.gikai-adachi.jp/voices/GikaiDoc/attach/Enq/Enq50_20203t6.pdf

※※※※ 「行き過ぎで誤解を招くような発言があったと認識」との鹿浜昭議長の発言が掲載されている記事(2020年10月6日 東京新聞)。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/60013

※※※※※ タイトルを一部修正しました。本文にあるとおり「言い訳は許さない」「すべての市民に謝罪を」との趣旨を追加しました。(10月15日)