日米FTA絶対反対 意思表明しよう!!!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


政治に興味がない人の多くが「自分に関係ない」と感じています。
でも、今回の日米FTA協定はこれまでと訳が違います。

 

“あなた”にも直接的に関係します。蚊帳の外の話ではありません。

 

アメリカでは大きな病気にかかると高額な医療費で破産し、ホームレスになると言われています。
FTAでは国が薬の値段を決められなくなり、企業が値段設定を行います。
風邪薬、難病の薬、痛み止め(癌患者等)など、薬はどうしても必要なものなので高くても買うと考え、企業は価格を釣り上げます。

そうなると必然的に社会保障費にかかる金額は跳ね上がります。

ただでさえ巨額の借金に苛まれている日本の乏しい予算が、今以上に高額化する社会保障費を賄うことは不可能に近く、結果的に健康保険制度は破綻し消えるでしょう。

風邪を引くたびに何万円、骨折で数十万、手術で数百万-数千万円
そうなったら日本は終わりです。

低所得層には生きる権利も与えられない社会になります。

 

資本主義は弱肉強食の世界、競争に負けた弱者が死のうが関係ない。
あくまで”自己責任”

国民主権、平等、自由な民主主義国家である日本は法律や社会保障(セーフティーネット)などの制度を使って格差を是正している。

このセーフティーネットが崩壊しかけている現状を許して良い訳がありません。

米韓FTAによって経済的打撃を韓国が受けているにも関わらず、日本も二の舞になろうとしています。

 

医療費全額負担
低品質食品の流通(遺伝子組み換え・農薬大量使用)
低品質・安価な食品の流通による日本産業の低下
食料自給率低下
これを機にした日本の社会保障縮小
自殺率増加
金銭的理由による少子高齢化の加速
金銭的理由で親が子を、子が親を見殺しにせざるを得なくなる事も

 

反対であったとしても“表明”しなければ賛成と同じです。
1人1人の影響は小さくても、束になれば影響力は増大します。
日本の主権は私たち国民です。主権者が声を出さずに指を咥えて見ているのはおかしいです。日本国民である以上、主権者として意見を表明することは義務です。
僕たち高校生の世代から見ると未来は真っ暗です。どうか皆さんの意思表明で助けてください。未来に希望を持たせてください。お願いします。