2018年春の玉津プラチナ市で​無料スーパー・0円食堂をやっちゃいたい!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


みなさん、フードバンクってご存知ですか。まだ食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食品(いわゆる食品ロス)を削減するため、図る手段の一つです。その取り組みが豊後高田市で可能かどうかの実験として、昭和の日に行われる恒例の「玉津プラチナ市」で、無料スーパーと0円食堂をやってみようというのがこのイベントです。

プロジェクトオムスビ

このプロジェクトは、私の思いつきです。ですからすべてが今からです。最初に名前だけ決めました。「オムスビ」ばらばらのお米がきゅっと集まっておいしい食べ物になる・・・僕らがてをつなぐことで何かがかわるかもしれない。でも、おいしくなくちゃたべものにも失礼です。同じように、面白くなければつながる意味がないのではないかと思います。まず、呼び名から「お結び」「おむすび」「オムスビ」。さあ、みんなでオムスビしちゃおう。ね。楽しそうでしょう。
参加できなかったり、食べ物を持って来れない人でも、大丈夫!フェイスブックの「いいね」を押してくれれば、それだけ共感してくれたってことだから、その分、できる人が、楽しくがんばればいいんじゃないかな。
もちろん、困っている人も「いいね」してね。ファンが力をくれるのは、スポーツもおなじだよね。
​そして、拡散して共感をひろげよう。

なぜ署名がいるの?

別に賛同者がいなくてもやればいいじゃない。と、思われるかもしれませんが、イベントも含めて、賛同していただく人が多ければ、このプロジェクトは常設のものになって、フードロスや貧困問題の解決の一つとなります。その際、行政にニーズを訴え、支援を受ける際に賛同者の数が多いほどいいのです。したがって、このプロジェクトに賛同するのは、ボランティア活動をお願いするのではなく、共感できるかどうかということです。賛同お願いします。



今日:道範さんがあなたを信じています

金谷 道範さんは「豊後高田市: 2018年春の玉津プラチナ市で​無料スーパー・0円食堂をやっちゃいたい!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!道範さんと15人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。