交通反則金に係る電子納付導入の早期実現を

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


一度は交通違反で、反則金の支払いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。有史以来の前代未聞の長さで始まるゴールデンウイークを前に、反則金や、その他の違反金などの納付が、10日や指定期限以内という、状況を度外視したもので、10日連続祝日がある今年の場合は、納付できかねるという状況が産まれています。このような状況に強く改善を望むとともに、近年のIT化や電子取引の発展に後れをとる、警察庁の対応に強く改善を求めたい。すでに、国税庁では、電子納税も始まっています。諸外国においても(途上国においてですら)違反金、納税などは、広く電子納付が、行われております。しかし、未だ窓口での支払いのみに頼らざるをえない現在の状況は、さながら先進国らしからぬ状況であります。

祝日開けの金融機関の混み具合は、皆様が、予想されるものであり、そこでの反則金の支払いは、銀行業務の妨げにもなりえます。これは、全銀協が、すでにH29年に要望を出しておりますが、未だ無視されております。

また、高齢化に伴い、銀行や郵便局に高齢者が向かうことは、特に田舎では大変な苦労であります。以上の事情を鑑みるに、早急に電子納付への移行対応を、強く要望いたします。