騒音で自分の家なのに寛げない苦痛、耐えがたい騒ぎ声に物音。個人での解決が難しく騒音による事件も起きています。行政、警察での然るべき対応を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


騒音による日常生活が破壊される苦痛

騒音を出す側は窓を閉める等や近隣への配慮をしません。

昼夜問わずの騒音は夜勤明け、自宅療養中、
赤ちゃんや子供も睡眠を妨げられ、
また自宅で穏やかな空間で寛ぐことも出来ません。
好き勝手に騒れ「お互い様」ではなく一方的です。

騒音で自宅に居る事が苦痛になる辛さを知って欲しいです。

騒音が原因で事件も起きていますが、
行政も警察も何の対策もされていません。

悪質な騒音主になると警察が訪問してもやめません。
警察が去った後に腹いせとばかりに更に騒ぎます。
前日に注意されていても翌日には同じように騒ぎます。
騒音で悩んでいる人がいるのを知りながら続けます。

警察は「騒音を注意する」ことしか出来ません。

・警察による注意のみならず、然るべく取り締まりを。

・行政にて騒音問題を相談・解決のできる窓口を望みます。

私は「静穏な住宅環境の保持に努める」と裁判所で、
法的に守られた約束を騒音主と交わしました。
ですが騒音主は約束を破り毎晩雄叫びをあげたり大騒ぎします。
いくら法的手続きをしても騒音主が騒ぎ続けるのでは意味がありません。

SNSを通じて私と同じように騒音に悩み苦しんでいる人が、
多くいると知りました。
警察は注意のみなので翌日には大騒ぎ、また通報し注意してもらうの繰り返し。
追い詰められて死を考える人も見受けられ、心が痛みました。

この署名キャンペーンをきっかけに騒音問題に注視し、
騒音がどれだけ人を苦しめるのか、
個人での解決が難しい事が周知され、
行政、警察が動いてくれるようになることを願っています。