児童手当の削減によらない待機児童の解消を求めます

2010年の法改正では控除から手当へ、ということで扶養控除はなくなり手当になりました。その後気付けば手当はなくされ、控除も復活する訳でもなく、結果的に約11万の税金が増えています。高齢者が作る政治はもう終わりにしてほしいです。このままでは日本の未来は本当に暗いです。

堀 莉菜, Fujisawa, Japan
2 months ago
Shared on Facebook
Tweet