コロナ感染拡大を防ぐために、休校の延長を要請しよう!

コロナ感染拡大を防ぐために、休校の延長を要請しよう!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!

 現在、諸国で猛威を奮っている、COVID-19こと新型コロナウイルス。ご存知の通り、日本でも感染の拡大が進み、現(2020 4/3)時点よりも被害が酷くなる可能性があります。

そんな中、東京、神奈川、群馬、大阪などの首都圏、並びに大都市は休校措置を取っています。しかし、茨城県に至っては、群馬県より感染者が多いにも関わらず、県立校に対し、休校を取らず通常通りに開校、再開しようとしています。これに対し、異議があり、この署名を開始しました。確かに、私のような高校生や若い世代はウイルスに感染しても、症状が出ない例があります。しかし、ウイルスには感染している可能性があるのです。現に、アメリカ等の諸外国では、10代でも亡くなっている人がいるという報告があります。これは日本でも起こり得ることです。中には、高齢者や、小児、幼児と暮らしている学生はたくさんいます。知事は、「感染が拡大しないように工夫する」と、仰っていました。私たち学生が、発症してしまう場合のことを考えての発言だと思います。ですが、それは私たちから家族への第二次感染が懸念される中での発言としてはふさわしくないと考えられます。現在、日本は日々、感染者が増加し続けています。それは茨城県でも同様です。現在(同時期)で54人の感染者が茨城県にいます。これ以上増加することは無いと考えられますか?少なくとも私は考えることが出来ません。県の指示通りに学校を再開したとしましょう。再開してから、2日後か、3日後か、はたまた1週間後かどうかは分かりませんが、「クラスターが発生した、ですので他の都県同様ゴールデンウィークまでの休校とします」では遅いです。それでも尚、これ以上の感染は押さえる様にするので大丈夫です。と言うことが出来ますか?

県の対応に疑問を持っている方は大勢いらっしゃいます。自分の子供を学校に行かせることが怖いと感じている保護者もいらっしゃいます。若い世代でも、重症化、死亡のリスクが無い、とは言い切れません。そして、私たちが感染を広げる要因になってしまう可能性があるのです。

大井川茨城県知事並びに茨城県には、更なる感染を防ぐために、家族、親族を感染の手から守るために、県立校の休校期間の延長を要請します。茨城県でこれ以上の感染を防ぐために、どうか再考して頂けないでしょうか。

 

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!