このキャンペーンは終了しました
宛先:総裁 中華人民共和国国務院総理

熊胆撲滅・熊農場廃止 ツキノワグマの全頭解放を

熊胆とは熊の胆嚢、胆汁を採取し乾燥させて漢方薬の成分で、二日酔いの薬の代表です。その熊胆の多くが生きている熊から胆汁を強制採取していることを皆様はご存知でしょうか。

 ※現在ではこの漢方と同効能の成分として熊胆の代替え薬は、化学薬品ウルソ酸や各種ハーブが開発され安価で市場に出回っています。しかしいまだに熊胆は高級漢方として日本にも入ってきています。

 

 

中国では3,000 年以上にわたり様々な病気を治すためにクマの胆汁を使用しています。熊胆は狩猟によって古代より貴重な秘薬として存在し狩りが盛んに行われてましたが1989年に「中華人民共和国野生動物保護法」が実施、ツキノワグマが国家二級重点保護野生動物に指定され、「熊を殺しての胆汁採取」は禁止されました。

しかし「生きた熊から生きたままの状態での胆汁採取」は違法ではないと野生動物保護のための規制が保護どころか法を逆手になんと熊の地獄工場を次々と開設されました。

 

それは動物のための地獄絵でした。この非人道的な熊胆採取方法は1980 年代初頭に北朝鮮が外科的カテーテルの太い管を生きたままの熊の脇腹に差し込むことによって胆汁を継続的に採取するという方法を開発。何年も何年も身動きできないケージの中で苦しみます。現在は拷問される熊がなんと1万頭以上となってしまいました。

 

現在は英国の動物アジア財団が救出活動を行われておりマイクロソフト社との活動も中国政府との折衝もあらゆる全力で熊の解放を進めておられます。

 

 日本でも熊胆は愛用者がたくさんいます。日本は消費大国でもあります。

その舞台裏ではこの25年以上に渡って悲しい犠牲を多くだしていることを、多くの方は知りません。

 熊胆問題について日本では認知されていない現状の中で、この問題は日本は無関係では決してないということを痛感し買わない、売らない、扱わないの3ない運動を同時に推進します。

消費大国の日本がまさに目を覚まし、撲滅を目指し 署名を中国政府国務院へ届けていきます。

ご賛同よろしくお願いいたします。

 

 参考リンク(写真あり)

https://www.facebook.com/notes/物言えぬ動物たちの叫びを届ける会/痛みの真実と悲痛なる沈黙のはて/277028312453968

 More than 10,000 bears are kept in tiny cages on bile farms in China. The bile, which is used in traditional medicine, is extracted using
various painful, invasive techniques, all of which cause massive infection in the bears. The farmed bears are starved, dehydrated and
suffer from multiple diseases and malignant tumours that ultimately kill them. They can live like this for up to 30 years. This cruel practice
continues despite the availability of many effective and affordable herbal and synthetic alternatives.

Help us end bear bile farming in CHina
“We, the undersigned, congratulate the Chinese Government for closing down bear bile farms and releasing bears into
Animals Asia’s care. We are, however, concerned about the slow pace of the rescue and the lack of progress in ending this
barbaric industry. Please make this issue a priority by setting a firm date by which bear farming will end in China. In the
meantime, please promote the use of herbal and synthetic alternatives to bear bile.”

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 総裁
    中華人民共和国国務院総理


    Association of Relief Pain Animals さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では13,381名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:Association of Relief Pain Animalsさんがあなたを信じています

    Association of Relief Pain Animalsさんは「{署名}中華人民共和国国務院総理宛 熊胆撲滅・熊農場廃止! ツキノワグマの全頭解放を」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Association of Relief Pain Animalsさんと13,380人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。