インターネットにおける動物虐待の動画・画像に法規制を‼︎(Do not put videos of animal abuse on the internet‼︎)

0 人が賛同しました。もう少しで 5,000 人に到達します!


昨年、さいたまで元税理士が動物愛護管理法違反である動物虐待をした動画を5ちゃんねる(掲示板)にUPしました。それを目にした多くの国民が悲しみ、今も苦しんでいます。それだけでは終わらず、他者がその残虐な動画を芸術と謳い多岐にわたるSNSにUPし、悪質な嫌がらせを繰り返しております。しかしながら現行の法律ではこの猟奇的な言動を取り締まる法律がございません。この件は大手新聞社も取り上げてくださったくらい社会問題に発展しております。インターネットの犯罪に対して法律が追いついていない現実を危惧した念を抱きます。そこで法改正にあわせて早急に以下の法整備を要望致します。
     


⑴ 憲法及び法律でも動物を“物”から(命ある生き物”とし、人間と同等の権利を与えてください。


⑵ インターネットに係る犯罪の危機管理対策とし特別法案を国会と協議してください。


*動物虐待の動画及び画像をUPした者に対する規制
*動物虐待の動画を売買した者に対する規制

 

 

〈英語版〉

Last year Makoto Ohya did animal abuse and breached the law.I posted the video on 5 ch.net.Many people who saw it are sad and still suffering.That alone is not over, others have said that cruelt that movie as art, posting and harassing a lot of SNS.However, the current laws of Japan do not have laws that control this bizarre behavior.This incident has appeared in the newspaper company and has developed into a social problem.I am worried that laws are not catching up with Internet crimes.So as soon as the law is revised we urgently request the following law maintenance.

⑴ Please also change the animals from "things" to "life" with the Constitution and laws and give them the same rights as human beings.

⑵ Please discuss the special legislation as a measure against Internet crime by the Diet and the government.

* Restrictions on persons who upload animation abuse videos and images.

* Regulations on persons who buy and sell animation abuse animals.

 

 

 



今日:亜古さんがあなたを信じています

大竹 亜古さんは「総務省 御中 環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室 御中: インターネットにおける動物虐待の動画・画像に法規制を‼︎」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!亜古さんと2,980人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。