緊急!7月3日に伐採されてしまう品川区豊町児童遊園の桜の木の伐採を延期させたい

緊急!7月3日に伐採されてしまう品川区豊町児童遊園の桜の木の伐採を延期させたい

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:豊町児童遊園の 桜の木の延命を願う会 宛先:品川区役所 (木密課 及び 品川区ち)

7月3日に品川区児童遊園にある、戦争犠牲者鎮魂の為に植えられ、地域に愛された桜の大木が、地域住人の反対にもかかわらず、道路拡張の予定地とゆう理由にて、真っ先に強引に伐採されてしまいます。

防災道路ということでいつかは伐採されても仕方ない事としても、土地買収もまだまだ時間もかかり、さらにどの位の時間がかかるかも品川区役所木密課でも把握出来ていない状態なので、伐採は最後にして下さいと議会陳情してまいりました。

区議会での木密課の伐採理由としては、そこの部分が1番狭いからとの理由でしたが、それは虚偽であり、その場所は道端が約3mあります。本当に狭い場所は別の場所で、そこは約2mで1mも広いのにもかかわらず、無理矢理、陳情否決とされてしまいました。

本来議会上では虚偽答弁はいけないはずですが、伐採有りきで話しは進んでしまいました。

その後、品川区長宛に木密課を通して陳情いたしましたが、木密課は区長に報告はしますとの事で区長には陳情書を届けもしませんでした、理由としては一つ一つの課が区長から委任されているからとの事でした、それがシステムだから我々が回答するとの一点張りで話しにもなりませんでした。

 

東京都及び品川区は緑地化を推進しているはずですが、この様な矛盾した事を強引に推し進めています!

この桜の木をボランティアで面倒を見てきたご老人及び地域住人の落胆は計り知れないものがあります。

繰り返しますが、地域住人は決して道路拡張に反対しているわけでは有りません、只々長い間、地域に心の癒しを与えてくれた桜の木を延命して下さいと願ってきただけです。

どうか皆さまの御心にて、このすばらしい桜の大木を助けて下さい。

そしてこの桜の大木の下でいつの日かお花見が出来る事をねがいます。

また下記の品川区フェイスブックに直接メッセージを書き込んでくださると非常に有効的ですのでよろしくおねがいいたします

https://m.facebook.com/city.shinagawa/

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!