【旅客化】籠原駅から武川駅まで、秩父鉄道三ヶ尻線に電車を走らせてほしい!

このキャンペーンは終了しました

【旅客化】籠原駅から武川駅まで、秩父鉄道三ヶ尻線に電車を走らせてほしい!

83人の賛同者が集まりました

発信者:Tarumi kiyoshi 宛先:秩父鉄道株式会社

埼玉県の武川駅(深谷市川本)と熊谷貨物ターミナル駅を結ぶ秩父鉄道三ヶ尻線は、主に太平洋セメント関連の貨物列車が運行されている貨物列車専用路線です。しかし、セメント工場のある三ヶ尻駅から熊谷貨物ターミナルまでの区間の貨物輸送の終了を機に、その区間は2020年9月いっぱいで廃止されることになりました。

せっかくの鉄道施設を廃止させてしまうのはもったいないです。できることなら秩父鉄道武川駅とJR高崎線籠原駅のあいだに旅客列車を走らせて、お客さんを運んでほしい。

秩父鉄道三ヶ尻線の沿線には、住宅地のみならず県立高校や市民会館、工業団地や自衛隊基地などがあります。この路線が旅客化し、電車が走ることになれば、多くの人々に喜ばれるのではないでしょうか。

また、秩父鉄道本線から、JR高崎線籠原駅への新たな道が拓かれるのですから、埼玉県北部の本庄市・深谷市中心部などと、秩父鉄道本線寄居・秩父方面との連絡が便利になると思われます。

貨物専用路線の旅客化には、新たに駅を設置することなどが必要になりますので、秩父鉄道株式会社様には行政と手を携えて、地域の公共交通をより便利なものにしていただけるよう切に願っています。

秩父鉄道三ヶ尻線に電車を走らせてほしいと思われた皆様には、このキャンペーンに是非ご賛同いただきますよう、心よりお願い申し上げる次第です。

最後になりますが、私は関東地方の新しい交通・鉄道構想を提案する「すいっとプロジェクト」という活動をしております。ホームページでも、秩父鉄道三ヶ尻線の旅客化構想について紹介しておりますので、ご覧いただけますと幸いです。

樽見 潔(すいっとプロジェクト http://suitto.info )

このキャンペーンは終了しました

83人の賛同者が集まりました