モトクロス場(築城エアライドパーク)の存続を求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


築上町の航空自衛隊築城基地の隣でモトクロス場をプレオープンしているNPO団体で特定非営利活動法人築城モータースポーツ協会といいます。

 現在一部の住民の反対により正式オープンが実現されないまま4年が過ぎました。

当モトクロス場から一番近い住宅でも騒音規制法より厳しい環境基準さえもクリア(地域住民と町とNPOによる音量測定済み)しており法的には一切抵触してないにも関わらず一部の地域住民から同意が得られないため、今年3月末をもって築上町と締結した協定が期間満了のため終了となりモトクロス場が完全閉鎖に追い込まれるかもしれません。

今まさに多くの方から愛される存在となった、このモトクロス場に多くの子供たちが練習に通っています。どうか子供たちの夢を摘まないでください。

このモトクロス場には子供、初心者コースと国際 A 級(IA)の方も利用される本コースがございます。国際 A 級の方の神業的なライディングを見学に来られる方も遠近かかわらず多くいらしゃいます。ライダーの皆さんはテクニックを磨き、全日本選手権の表彰台を目指して日々精進しています。

オフロードコース造成要望書署名およそ2,000枚を集め子供たちとともに町長に手渡しました日が H27年12月24日になります。
H27年12月29日、新聞記事となり新川町長が「地域活性化につながる提案で、実現に向けて国や地元住民と話し合いたい」とおっしゃった記事があります。(新聞各社25日~29日にかけて記事がございます。yahoo ニュースにも掲載されました。)

各地から集まるライダーやご来場者 このことこそ、新川町長が新聞記者にお答えになった地域活性化につながるのではないでしょうか。
モトクロス場廃止ではなく、国有地の継続借り入れをお願いすると共に、まだまだ開発途中のモトクロス場(築城エアライドパーク)を築上町長のご助力を頂き、より良き青少年の健全育成の場、モータースポーツで町を盛り上げる素晴らしいものとし、共に築上町を発展させる取り組みを切に願います。

この活動に賛同される方々を募集しております。


特定非営利活動法人
築城モータースポーツ協会
理事長 金丸 豊一