神戸市の中学生に、小学校のような温かく美味しい給食を食べさせて!

神戸市の中学生に、小学校のような温かく美味しい給食を食べさせて!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:神戸の中学校給食を実現する会 宛先:神戸市長 神戸市教育長

思い出しませんか?3,4時間目、お腹が空くころ、調理室から流れてくる美味しそうな給食の匂いに、ワクワクしたこと。みんなで食べる給食の時間が楽しかったこと。

クラスみんなで同じものを「いただきます」と食べることが「学校給食」のはずですよね。

神戸市の中学校では2014年までは、家庭弁当を持参するスタイルでした。でも「家庭の事情で弁当を作るのが大変」「弁当を持って来れない子がいる」「食育を充実してほしい」など保護者や子ども達の声が広がり、全ての子どもが安心して食べられる給食を求める運動へと発展。10万筆近くの署名が集まった結果、「中学校給食」を実施することになりました!

ところが、その中身は希望者のみ「業者が配達するデリバリー弁当」給食で、「家庭弁当」持参もOKという、選択制の給食でした。

そのデリバリー給食も異物混入事件があり中断。全国に神戸市の悪評をとどろかせたのでした。

そんな経緯もありつつ、2017年2月から市内全校実施が再開されて3年が経ちます。

生徒や保護者の評判は?というと、「おかずが冷たくて美味しくない」という意見が圧倒的で、喫食率は全市平均3割、受け入れられているとは言い難い状況です。

神戸市教育委員会はこうした子どもや保護者の声に押され、アンケートをとるなどして改善につとめ、容器をリニューアルする、肉やデザートを増やす、給食費の半額助成などを行いましたが、あくまでもデリバリー弁当を維持する姿勢です。

予算、学校の敷地、授業時間との兼ね合い、など課題はありますが、全国では自校調理方式(親子方式・センター調理方式を含む)の中学校給食を実施している自治体のほうが圧倒的に多数です。

人口150万を超える政令指定都市で、できないはずはないでしょう。

街頭署名をすると、他地域の出身者の方から「神戸市は中学校に給食がないの?」とすごく驚かれてしまいます!

しかし、「小学校のようなあたたかい給食」を、の声に押され、ついに教育長が市議会で「親子方式」(小学校の調理室で調理し、中学校に運ぶ)をモデル校で実施する、と答弁するまでになりました。

2020年8月末現在、親子方式のモデル校実施はまだ目処がたたず、デリバリー弁当のおかずの一品を温めて提供する「食缶方式」のモデル実施が先行して市内3校でおこなわれました。「おかずが温かいと美味しい」と概ね好評のようです。

けれど、子ども達や保護者が求めている「あたたかい給食」というのは業者弁当のおかずを温めるのではなく、学校の調理室で作られた手づくりの給食をみんなで食べる事なのです。

給食を注文する生徒、家庭弁当の生徒をわけることなく、みんなで安心して同じものを食べさせたい保護者、そして中学生たち自身の「小学校のような給食が食べたい!」と願う署名に、どうぞご協力お願いします。

【請願事項】

1、温かく安全・安心で、全員が食べられる自校調理にしてください。

2、調理室ができるまで、小学校から給食を配送してください(親子方式)

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!