新型コロナウイルスの影響による大学の学費の減額を求めた署名活動を行います。

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


私は神戸女子大学に通う4年生です。
本署名活動の目的は‬「学費等の減額」にありますが、意義は「大学側に学生の意思を示すこと」にあります。
以下の内容に賛同された方のみご署名をお願い致します。
新型コロナウイルスの影響により全国の教育機関で休校要請が出ており、神戸女子大学の学生も登学することができない状況です。4月20日からオンライン授業が開始し(新1年生は5月7日から)5月末までオンライン授業の継続が決定しています。オンライン授業において質疑応答に時間がかかるなどの他、授業に必要な資料等の準備に際し、自宅にパソコン類やプリンターがない学生の負担や、レポート作成など課題を課せられるのに対し図書館等を利用できないなどの状況であり、現状オンラインでは全ての授業を満足に行えていないのも事実としてあります。

このような状況の中、以下のような問題点が挙げられます。
・Wi-Fi環境の整ってない生徒への考慮又は対応
(例:情報環境の整備支援金の支給等)
・休校期間中(4/8〜5/31)の施設費について
(例:教室の電気代、図書館や食堂の設備費等)

以上の点も含め私は、大学に通うことができず十分な教育や指導が受けられない中で、学費を全額納入することは受け入れ難いです。また学生の中には、学費や生活費を支払うため、アルバイトや奨学金制度を利用している者も多くおり、そのような学生には援助金の手配の検討をお願い致します。
また現在前期の学費の納入は済んでいる為、返金が困難な場合も同様に、支援金の手配の検討をお願い致します。
大学当局も新型コロナウイルスの被害者であり、前例のない状況の中で、迅速なオンライン授業への対応をして頂き、教職員の方々やその他関係者の皆様には心より感謝致します。
私達も1日でも早く登校し、全てが整った環境で授業に臨みたいと思っております。誠に勝手な意見ではありますが、是非学生の思いと向き合って頂ければ幸いです。