コロナ禍の今こそ!神奈川の県立高校で30人以下学級を実現してください!!

コロナ禍の今こそ!神奈川の県立高校で30人以下学級を実現してください!!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


神奈川県立高校では6月からの教育活動の再開にあたって、教室内の「ソーシャルディスタンス」を確保するために、40人1クラスを20人2クラスに分割して午前・午後の「分散登校」を実施してきました。7月6日からは1クラス40人の授業が再開しています。
神奈川では1996年に高校の40人学級が完全実施されて以来、1クラス40人という状況が続いています。世界的にも1クラス20~30人が常識となっており(OECD調査による)、私たちはこれまでも少人数学級・少人数授業による学習環境の改善を求めてきましたが、実現にはいたっていません。
現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、学校における「新しい生活様式」の実現が急ぎ求められています。標準的な大きさの教室では、1クラスを30人にすることで初めて、生徒どうし1mの間隔をとることができます。コロナ禍の今こそ、1クラス30人以下の少人数学級を実現し、安全・安心な学習環境、きめ細やかな指導による充実した学習環境を整備する時です。高校での30人以下学級実施にむけて、国へのはたらきかけとともに、神奈川県が全国にさきがけて先進的なとりくみを行うよう要請します。