コロナウィルスの蔓延による石川県の小中高の休校処置をゴールデンウィーク明けまで延長して欲しい。

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


石川県内のコロナウィルスの陽性者が日々増え続ける中、県内の小中高校が4月6日・7日に向けて再開されます。

 子供は重症化しにくいと言われていましたが、海外では十代の死者も出ています。また、高齢化が進む石川県で高齢者と同居している子供も多い中、休校を始めた3月初めより、状況が悪化している現状を考えると再開の安全性や理由も明確に示されないまま子供たちが学校に行く事に大きな不安があります。

そのうち県内の感染者がもっと増えたら、学校はお休みになるかもしれません、でもその感染者は自分の周りの大切な人かもしれません。そうなってから休校しても遅いんです。

子供の教育を受ける権利を守るべきだと言うかもしれません。でもそれは子供の命と健康があってこそです。

また本当に子供達の教育を守るなら「教育現場で働く人達の命や健康を守る事」もこの先の「子供の教育の権利を守る事」になるのではないでしょうか?

そこで1日でも早く休校を再開し、5月9日まで休校を延長する事を求めて、石川県知事と石川県教育委員会宛に署名を集めたいと思います。

ご賛同いただける方は、署名と拡散にご協力をお願い致します。