このキャンペーンは終了しました

「最後は金目」発言について改めて謝罪し、大臣を辞任してください

4,105人の賛同者が集まりました


6月16日、石原伸晃環境大臣は首相官邸で記者団に対し、福島第一原発事故の除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設について、「最後は金目でしょ」などと発言しました。

政府は候補地の福島県大熊町、双葉町の住民説明会を終えたばかりであり、東日本大震災と原発事故による多大な被害を受けた地元との交渉について、金で解決するという今回の発言の趣旨は到底看過されるべきものではありません。

石原氏は自民党幹事長だった2012年にも、福島第一原発を「第一サティアン」と呼び、地元の強い反発を招いたことがあります。

このような発言を繰り返す人物は、環境大臣として全くふさわしくありません。

石原氏は発言を撤回し、謝罪として福島県を訪問するとしていますが、本当に謝罪の意思があるのであれば、そうしたパフォーマンスで済ませるのではなく、今すぐに環境大臣を辞任してください。



今日:憲志さんがあなたを信じています

羽田野 憲志さんは「石原伸晃環境大臣: 「最後は金目」発言について改めて謝罪し、大臣を辞任してください」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!憲志さんと4,104人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。