白百合女子大学に学費減額を求める署名

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


新型コロナウイルスの拡大により、白百合女子大学は2020年度前期分の授業を全てオンライン授業にすることが決定致しました。それにより、例年通りの教育環境を提供されていない状況です。この状態でも昨年と同額の学費を納付することに異議を唱えます。

私たち生徒と教職員の感染防止のために、オンライン授業という対策をして下さった大学には心より御礼申し上げます。

一方で、図書館・学生食堂等の施設を使用できず、例年通りのサービスを受けられません。授業を受けるための設備負担は全額生徒負担になります。授業資料の印刷も今までは大学で行えていたものが、学生負担になります。また、学生は新型コロナウイルスにより今まで通りの生活を送れていません。外出自粛および緊急事態宣言により経済的に苦しい状況です。

以上のことより、白百合女子大学にすべての学生の学費一部減額もしくは返還を求めます。 

この署名活動は学費を一部減額もしくは返還を求めるものです。しかし、大学側も施設を使用しなくても管理費等はかかります。学生と同様に、教育環境を確保する為の費用がかかってしまいます。国から大学の学費についての指示が出ていません。大学として対応しづらいことも承知の上での署名です。各大学が署名活動を行っています。声を上げ、まずは大学に意見を伝え、そして国に私たちの声が届けばという思いです。全国の大学に対策が出れば、多くの学生が救われます。そのためには白百合女子大学の生徒のみなさん含め一人一人のお力が必要です。どうぞご賛同よろしくお願いします。

署名に賛同してくださる白百合女子大学の学生の方は、名字欄の先頭に一年生の方は①、二年生の方は②と三年生の方は③、四年生の方は④と院生は⑤と記入し、メールアドレス記入欄には大学で使用している(sc○○@sc.shirayuri.ac.jp)アドレスのご記入お願い致します。白百合女子大学関係者の方は、大学との関係性を名字欄にご記入お願い致します。在学生・関係者以外の方の記入には指定はありません。名字・名前・メールアドレス・居住地・郵便番号をそのままご記入下さい。

※目標人数が100人になっていますが、もちろん多くの方の賛同を求めています。100人を超えなければ数字を変えられない設定になってしまいました。ご了承ください。