畜産動物への虐待を罰してください!

畜産動物への虐待を罰してください!

0 人が賛同しました。もう少しで 7,500 人に到達します!
7,500 の賛同で,このキャンペーンが 意思決定者のもとに届く可能性が高まります!
発信者:ARC アニマルライツセンター 宛先:松山地方検察庁西条支部

2019年、西日本のとある町で人知れず、35頭の豚が飢餓で苦しんでいた。

豚たちは痩せ細り、骨が浮いて見え、毛がボサボサになり、人間が見えると檻に手をかけて2本足で立ち上がり、必死で鳴き叫ぶ。

餌箱はからっぽ、水が与えられている形跡もない。

35頭の豚のうち、生まれて間もない赤ちゃん豚は13頭で、この赤ちゃんたちは一緒に入れられている大人の豚たちに踏み潰されないように逃げ惑っていた。すでに21頭が死亡し、死体は放置されていた。

生き残っていた豚たちはこのあとすべて死亡した。餓死したと考えられる。
---------------

豚たちが死んでしまった後の2021年に、私達はこの事件を相談者から聞き、すぐさま告発の準備に入りました。

ただし、まだ豚たちが生きている時に相談者は警察にも行政にも相談をしていましたが、その両方ともがこの虐待を無視したり、指導しなかったりと散々な対応をしていました。そこで検察自体に告発を試みました。

検察は2022年はじめにこれを受理、操作を行いましたが、起訴猶予で不起訴決定を下しました。証拠はあり、虐待があったことは認められるため違法ではあるものの、諸事情を考慮して起訴を猶予したというのです。

これまで畜産動物への虐待に対する告発で、起訴されたものはありません。

すべて証拠は揃っていました。

◆2020年に起きた16万羽の鶏を餓死させた和歌山県のケースまでもが不起訴処分になっています。

◆採卵鶏が生きたまま2階から投げ落とされて致命傷を負い、もがき苦しんでいても、不起訴処分になっています。

◆ばんえい競馬で馬の鼻を思いっきり蹴り上げたにもかかわらず、不起訴処分になっています。

なぜ?

検察は「畜産動物だからではない」とは言いますが、でも、もしもブリーダーが56頭の犬を世話を怠り餓死させたとしたら?もしも猫を16万頭お金がないという理由で餓死させたとしたら?果たして同じ結果になるのでしょうか。

おそらくならないでしょう。

豚たち、鶏たち、馬たち、牛たちに必要なのは、市民の声です。

検察に声を市民の考えを知らせる必要があります

検察は、豚たち、鶏たち、馬たち、牛たちなら”仕方ない”というのが社会通念なんだと考えているのです。

そのような考えは時代錯誤です。

法律はどんどん厳しくなっていっています。

法律には差別的な言葉は掲載されておらず、罰則が適用される愛護動物として「牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる」を指定しています。

自分自身が動物を食べていることと、動物たちへの虐待を放置することは違うことです。

彼らは虐待されない権利を持っています。

にもかかわらず、検察はその権利を奪っています。

畜産動物たちは、裁判すらしてもらえないのです。豚たち、鶏たち、馬たち、牛たちへの虐待を、正当に裁いてくださいと検察に伝えてください。

動画はこちらからご覧ください。
https://www.hopeforanimals.org/pigs/starving-to-death/

0 人が賛同しました。もう少しで 7,500 人に到達します!
7,500 の賛同で,このキャンペーンが 意思決定者のもとに届く可能性が高まります!