このキャンペーンは終了しました
宛先: 環境省

僕らにも光が欲しい。

3,695
人の賛同者

今こうしている間にもたくさんの動物が保健所などの期限が切れ処分への事実を向けられています。では、その処分にかかる費用はどこからでているのでしょうか?それは我々が払っている税金です。そんなのおかしいと思いませんか?税金は国民が幸せになるように集めているお金です。なのに、動物の処分の為に使われているなんてだれも喜びません。今使っている税金を生かす税金に変えてください!日本は先進国と言われています。しかし、このような現状で日本は先進国です、と海外に胸を張って言えますか?今の現状から脱する為に私なりの提案をさせて頂きます。

まずは、動物の飼育放棄をした方には厳しい処分を下すということ。そうすることによって多くの人が罰を逃れる為に飼育放棄を辞めるでしょう。しかし、飼育放棄はしなくても家でのネグレクトこれに対しても厳しい処分を徹底して頂きたいです。

次は、ブリーダーやペットショップなど動物を売るSHOPへの定期的な訪問をする事です。定期的に市の職員の方などに訪問していただく事によって母親犬に沢山の子犬をひたすら産ませたり、表から見えないところに置いているゲージに沢山の犬を押し込むようなこともなくなるでしょう。そういうこと行動を起こすことによってまた、失われる命が減ると思います。

そして、これは最後の考えなのですが皆さんはいかがでしょうか?

処分対象になっている犬や猫の為の保護施設を作るということです。その保護施設は必ず都道府県に1箇所は存在しており、譲渡対象になったらその施設に犬や猫を移し、ゆっくりと里親さんを探せるというのを魅力とします。つまり処分期限を決めないと言うことです。そうすれば本当にその子を愛してくれる里親様を見つけられるはず!保護施設には沢山のお金が必要になると思います、ですが、今までの動物の処分に費やしていたお金を生きるためのお金に変えると思えばどうでしょう?

この方法を取れば多くの犬や猫が救われると思います。そうすれば日本だってもう少し変わると思います。

今こそ考えを根本からチェンジしましょう、もちろんすぐにはできません。これから長い時間をかけてゆっくり変わって行けばいいのです。焦る必要はありません。1人1人が納得できる世の中へ、1匹1匹が幸せに過ごせる世の中へ一緒にチェンジしませんか?

賛同していただける方がいらっしゃれば何卒、お手数おかけしますが署名よろしくお願いします。

 

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 環境省


    坂本 環 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では3,695名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:環さんがあなたを信じています

    坂本 環さんは「環境省: 僕らにも光が欲しい。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!環さんと3,694人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。