スナネコなどの飼育が困難な野生動物の飼育を規制したい

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


動物園においてスナネコが注目を浴びる中、スナネコを飼育したいと思う人が出てきています。現状のスナネコは絶滅が危惧されていますがその程度は軽度懸念になっており、実質的な法規制というのは現状ではありません

しかしながら、スナネコは日本の環境では飼育がとても難しい生きものです。砂漠地帯に暮らす生きものなので多湿環境では病気になりやすいだけでなく、かなり獰猛な生きものです。

このままではカワウソのように、ペットとして密輸入が増えることで野生個体の減少が危惧されています。

ひとりの生きもの好きとして、このままではスナネコが守れないのではないかと思い、この署名を立ちあげました。

現状で生きものの新規の飼育を規制する法規制は3種類あります。まず、日本の野生動物を保護する目的の鳥獣保護法、次に、絶滅が危惧される生きものの飼育や販売を規制する種の保存法、そして、人や財産に危害を加える可能性がある生きものの飼育を規制するという、動物愛護法の中にある特定動物という決まりです。残念ながらスナネコはどれにも当てはまりません。

最初は特定動物に指定を目指しておりましたが、それは困難であると思い、方針を転換することにしました。

そこで、新しい規制を設けることで、スナネコなどの飼育が困難な野生動物の飼育を規制できないかと考え、それを法制化してほしいというキャンペーンに方針転換を行うことにしました。

今回主張したいことは以下の通りです。

  1. 一般家庭での動物の飼育や環境整備に関する知識を有することを示す資格を制度化
  2. 特定の資格を持っていないと飼育できない生きものとしてリストを制度化
  3. そのリストの中にスナネコなどの飼育が困難と判断された野生動物を指定
  4. 野生動物を小売業者から購入する際に、一括払いの義務化

このような制度を設けてスナネコを飼育しにくくさせることで、実質的な飼育規制を設けることが大切なのではないかと考えております。

スナネコは高額で取引されることもあり、なかなか気軽には飼育ができないとは思います。しかしながら、最近ではペット用のローンもあり、それによって気軽に飼養を始められるという状況が広がっています。それを規制し、安易な野生動物の飼養を防ぐことにつなげたいと考えております。

そして、資格についてですが、動物取扱責任者という資格が現行での制度にはあります。しかしそれはあくまで生きものを販売するなどの販売店側におけるものであり、飼育者側には実質的な規制というのがありません。だからこそ、どのような人であってもエキゾチックアニマルを飼養できてしまうという状況が続いています。だからこそ、それを資格化し、飼養者に責任を伴うことをきちんと示したうえで、無責任な飼養を防ぎたいと考えております。

爬虫類の飼育者の皆さんに疑念を抱かせてしまったことはお詫び申し上げます。個人としても、適切な環境で飼育・繁殖された生きものに関してはペットとして飼育できることを望んでいます。

そして、キャンペーンの途中で道筋を大きく変化してしまったことをお詫び申し上げます。しかしながらスナネコの飼育を規制したいという気持ちに変わりはありません。

どうか、よろしくお願いいたします