ペットショップでの犬猫生体販売禁止を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 10,000 人に到達します!


ペットショップでの犬・猫の生体販売を禁止し、「ペットを家族に迎え入れる際は購入するのではなく、愛護団体から譲渡してもらう」ということを常識にしませんか。 保健所が業者からの引き取りを拒否できるようになったことで、新たに「引き取り屋」というビジネスが生まれました。繁殖屋から解放され、死ぬ事を免れた犬・猫は、引き取り屋の元で果たして幸せに暮らせるでしょうか。ペットショップで格安で購入した犬や猫の親は今、幸せに暮らしているでしょうか。 不幸な犬・猫を減らすために、みなさまのご協力をお願いします。 なお、ブリーダーを否定するつもりはありません。ただ、ブリーダーは無闇に頭数を増やしてペットショップに卸すのではなく、飼育希望者が集まってから繁殖を始めるべきと思うのです。


今日:Nさんがあなたを信じています

aya Nさんは「環境大臣、環境副大臣: ペットショップでの犬猫生体販売禁止を求めます!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Nさんと7,949人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。