キャンペーン成功!

閉館した犬吠埼マリンパークに残されたペンギン達と、1年以上も孤独飼育されているイルカのハニーを早く今の状況から救出したい!

23,644人の賛同者により、成功へ導かれました!


こちらの署名は下記の件において2日くらい延長するよう要望がございました。したがいまして延長されます。

この度、私署名担当のMikuraが記載いたしました、2つ前の更新におきまして、大変誤解を招く表現がございました。訂正しお詫びいたします。具体的には、ジャーナリストと書いたために多大なるご迷惑を掛けた方がおられ、改めまして等部分を削除いたし、愛護団体の部分も削除いたします。この度、被害にあわれた方には心よりお詫びいたします共に、今後は発言に細心の注意を払って参ります。この度は大変申し訳ございませんでした。

There was a very misleading expression in the update that Mikura, who was in charge of private signature, described this time. I apologize for correcting it. Specifically, those who wrote a journalist had a great deal of trouble, and changed the part to be deleted, as well as the part of the protection group. We sincerely apologize to those who suffered, and in the future we will pay close attention to our remarks. This time I was very sorry.

 

2018年1月千葉県銚子市犬吠埼にある水族館が閉館しました。46羽のペンギンと1頭のイルカが残されているというニュースが8月になりテレビで一時的に取り上げられました。特にイルカのハニーには、その時点から多くの心配の声が千葉県や銚子市に届けられたにもかかわらず、丸1年を過ぎた現在、いまだに何も変わっていません。 ハニーは妊娠中にイルカ漁で捕まり、マリンパークで出産しその後、子供も仲間も死んで孤独になりました。群れで生きる習性のイルカにとっては計り知れない辛さです。

一刻も早く改善し、ハニーとペンギンが幸せに余生を暮せるよう、行政その他にさらに働きかけをおこないます。

まず2019年1月28日(月)、千葉市議会議員のかばさわ洋平氏、千葉県議会議員の寺尾さとし氏、江田ちよ候補とともに、「ハニーを救う会」として千葉県庁へ申し入れを行いました。一週間程度の短い期間の呼びかけにもかかわらず、国内外から3800名もの署名を頂き、持参することが出来ました。皆様の心配が、形になって届けられた瞬間は、改めて決意が奮い立つ思いでした。

当日の様子など、また今後の活動はこちらと合わせて、かばさわ洋平議員のブログ等もご確認頂ければ幸いです。

★Blog
https://ameblo.jp/takumiuna/

★Facebook

https://www.facebook.com/youhei.kabasawa

★Twitter 
twitter.com/ykabasawa

★Instagram
instagram.com/yohei.kabasawa/

今後も、色々な方面へ働きかけてまいります。次の行動の為に、まだ署名も続けてまいります。私たちはツイッターで日々ハニーやイルカを心配し、どうすればよいか考えながら集まった同志です。どうかご協力をお願い申し上げます。

※現在私どもでは募金は行っておりません。

*********************************************************************************************

We would like to rescue Honey, the lonely dolphin, penguins and other animals that have been left in the shuttered aquarium, Inubosaki Marine Park.

In January 2018, an aquarium located at Inubosaki in Choshi City, Chiba Prefecture closed down. In August 2018, the 46 penguins, reptiles, fishes, and one dolphin named Honey drew the media’s attention on television, especially Honey. Despite the fact that many voices of concern were delivered to the Chiba Prefectural Office and Choshi City from this point, Honey’s situation has not changed to date, a year after the closure of the marine park.

Honey was pregnant when she was caught in the Taiji dolphin drive hunts that occurs annually in Wakayama Prefecture and gave birth at the marine park. However, eventually both her child and pool-mates died and Honey has been living in solitude for over a year. Dolphins naturally live in groups called pods. The pain and suffering for a dolphin to be alone for over one year is immeasurable.

We will work on encourage the administration and others to improve Honey and the penguin’s situation as soon as possible, so that they may live a happy life.

On January 28, 2019, we made a proposal to the Chiba Prefectural Government with Chiba City Assembly member Mr. Yohei Kabasawa, Chiba Prefecture assemble council members Mr. Satoshi Terao and Ms. Chiyo, and the "Save Honey Group". Despite the short period of about a week, over 3,800 signatures were received from home and abroad and we were able to submit them. The moment when everyone's worry was delivered in the form of the petition, my determination rouse and I was inspired again.

Readings about the submission and future activities may be confirmed on Mr. Kabasawa Yohei’s blog site.

We will continue to work on the situation and will continue to collect signature to our petion for our next course of action. We are from the Twitter community who were worried and concerned about Honey and the animals and formed a group. Thank you for your cooperation and we ask for your continued support.

※ We are not collecting donations at this time.



今日:Mikuraさんがあなたを必要としています

Jihen Mikuraさんは「環境大臣/千葉県/銚子市: 1年以上前に閉館した犬吠埼マリンパーク。残されたペンギン達と、孤独飼育されているイルカのハニーを早く今の状況から救出したい!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Mikuraさんと23,643人の賛同者と一緒に賛同しましょう。