宛先:小倉支部 福岡地方検察庁

「理想の猫じゃない。20匹殺し、燃えるごみで出した」と虐待を繰り返していた元福岡県立高校講師 丸山朋成(25)の起訴と実刑を‼️

0

0 人が賛同しました。もう少しで 15,000 人に到達します!

追記10月19日

ネットで署名ができない方も、紙にご署名の上、郵送で送って頂けるとありがたいです。
紙での署名はお名前住所を直筆で書いていただければ年齢、国籍を問いません。
是非お知り合いにお声をおかけください。
特に書式は用意していません。

このキャンペーンタイトル、
change.org
「理想の猫じゃない。20匹殺し、燃えるごみで出した」と虐待を繰り返していた元福岡県立高校講師 丸山朋成(25)の起訴と実刑をもとめるキャンペーンに賛同署名します、とご記入の上

〒803-0814
北九州市小倉北区大手町13番26号
小倉第二合同庁舎内
福岡地方検察所 小倉支部
担当検察官殿

までご郵送ください。。
どうぞよろしくおねがいします。

追記10月15日

読売新聞で住所実名公開していました。

大分市西大道2 元福岡県立高校講師 丸山朋成(25)

このままでは不起訴罰金で終わってしまいます。大分に住居を変えた今、譲渡などで猫を手に入れ、同じ事を繰り返すかもしれません。残虐な行為で殺される不幸な猫を増やさないためにも、署名にご賛同ください。

https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/365339/

https://grapee.jp/404816j

 自分の飼い猫を殴りつけ、踏みつけて殺したとして、福岡県警戸畑署は12日、元学校臨時教職員の男(25)=現大分市在住、アルバイト=を、動物愛護法違反容疑で、福岡地検小倉支部に書類送検した。過去に約20匹の猫を飼っては次々に殺し、「燃えるごみ」として捨てていたという。送致容疑は、5月2日午前2時8分ごろ、当時男が住んでいた北九州市戸畑区にある集合住宅で、飼い猫を両手で殴りつけ、さらに両足で踏みつけ、殺害した疑い。この時、騒ぎを聞きつけた近所の住民が同署に通報。警察官が駆けつけた時は、男は殺した猫をごみ袋に入れていた。同署によると、男は犯行当時、学校の臨時教職員で、生徒を教えていたという。犯行動機については「理想の猫ではないから殺した」と主張。「呼んだらすぐにやってきて、体を触らせて、きちんとトイレをするのが理想の猫だ」と供述していたという。

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 小倉支部
    福岡地方検察庁


    Dignity of Life さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では10,925名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:Lifeさんがあなたを信じています

    Dignity of Lifeさんは「「理想の猫じゃない。20匹殺し、燃えるごみで出した」と常習的虐待を繰り返した、元福岡県立高校講師 丸山朋成(25)の起訴と実刑を!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Lifeさんと10,924人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。