渋谷でハロウィンやサッカー日本代表時に起こる騒乱を条例で規制しよう!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


私は、渋谷区在住者です。

近年、渋谷区で「ハロウィン」と称して仮装をする人たちがスクランブル交差点やセンター街を埋め尽くし、

大量のゴミを捨てていったり夜まで大騒ぎをしたりする問題が発生しています。

また、ハロウィン以外にも年末年始やサッカー日本代表戦の際には同様の暴徒が集まっています。

今年、2018年のハロウィンには酒類販売自粛を呼びかける等一定の呼びかけを行ったようですが、

ニュースでも報じられているように暴徒化した参加者が軽トラックを横転させるなどもはや看過できない被害が発生しております。(参考URL:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181028/k10011689021000.html

私は渋谷区に住む住民として、渋谷の治安を著しく悪化させているハロウィンやサッカー日本代表戦を許すことができません。

ただでさえ渋谷区民や渋谷区に通勤されている方はハロウィン期間やサッカー日本代表戦の間、日常生活でも騒音や混雑等の迷惑を被っている上に、痴漢や盗撮・暴動等の被害に遭わないよう気を使わなければならないのに、

大量の機動隊等を出動させるために多額の税金が使われている現実もあるのです。

なぜ、我々善良な市民が暴徒のために税金を使われなければならないのでしょうか。

最初から規制を行い渋谷に集まることができなくすれば、機動隊の出動もなくて済むはずです。

ただ無意味な呼びかけを行い、住民からの指摘に対して「主催者がいないので規制出来ない」等と応えるだけの渋谷区行政は、事実上ハロウィンを野放しに容認しているのと一緒で住民のことを考えているとはとても思えません。

 

私はこうした問題を解決するため、渋谷区で行われるハロウィンを条例で規制するよう求めます。

ハロウィンは主催者がいなく、参加者と非参加者の明確な区別がつかないため法的な規制を直接下すのは難しいかもしれませんが、渋谷区の安全と安心を守る政治家の皆様であれば何かしらの方法で規制を行ってくれることを期待しています。

渋谷区在住の皆様はもちろん、普段通勤や通学で渋谷を使われる皆様、ハロウィンやサッカー日本代表戦のせいで無駄な税金が使われていることに疑問を感じる日本国民の皆様からの署名をお待ちしております。

 



今日:渋谷さんがあなたを信じています

太郎 渋谷さんは「渋谷区長 長谷部健: 渋谷でハロウィンやサッカー日本代表時に起こる騒乱を条例で規制しよう!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!渋谷さんと50人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。