このキャンペーンは終了しました

【グラマス・デジモンリンクス】ファイナルファンタジーグランドマスターズ及びデジモンリンクス運営会社に消費者庁とCESAによる運営体質の是正を求める【景表法違反・疑惑】

998人の賛同者が集まりました


【注意】アカウントの登録をしてからでないと署名出来ません!!【注意】
内容を読んだ後、賛同頂ける方、お願いいたします。署名するに当たりお手数をお掛けしますが、皆様からの署名の重さ、思いを重く受け止め、またその旨を消費者庁へ提出する際も必ず伝えさせて頂きます。ご協力の程よろしくお願いします。
本サイトは株式会社スクウェア・エニックスが平成27年10月1日にリリースしたAndroid/iPhone向けスマートフォンアプリ「ファイナルファンタジーグランドマスターズ(以下FFGM)」とバンダイナムコエンターテインメントが平成28年3月24日にリリースしたAndroid/iPhone向けスマートフォンアプリ「デジモンリンクス」の調査・改善を求める署名フォームです。
--------------------------------------------------
・はじめに
本署名活動の目的
下記、問題と考えられる11点について「FFGM」と「デジモンリンクス」の運営会社である「クルーズ株式会社」が掲げたサービスに嘘偽り等の問題がないかの調査と指導及び「FFGM」のガチャに於ける全排出アイテムの個別確率表示をして頂きたく、署名活動を展開しています。
本署名活動は返金・課金アイテム返却を求めるものではありません。FFGMとデジモンリンクス言うゲームをプレイするに当たり、多額の金銭を要する現状を少しでも改善し、ユーザーが少しでも快適に遊ぶことができる土壌を作ることを第一目的としています。また今回の署名活動を通じて、「FFGM」「デジモンリンクス」のみならず今後のソーシャルゲーム業界にも一石を投じることができればと考えております。最近話題になりました「グランブルーファンタジー」や「星のドラゴンクエスト」等、ゲームアプリ運営会社の思うがままにできる現状は問題であると考えており、正していかなければならないと思います。
これ以上の被害者を増やさないためにも、また今後消費者が気持ちよくゲームをプレイしていくためにも、ぜひ賛同をお願いいたします。
・次に
本署名サイトで頂いた署名は厳正に管理し、責任を持って消費者庁に提出いたします。頂いた個人情報のうち、署名主(筆者)に公開されるのは「氏名」「郵便番号」「国籍」のみです。それ以外の情報は署名主にも公開されることはありません。サイト上に公開されるのを避けたい方は、「賛同!」の下にあるチェックを外して署名して下さい。他人に公開されなくなります。個人情報を入力することに抵抗のある方は、署名としての効力は落ちますが匿名でも構いません。
また、こちらで署名を頂くことも重要ですが、余力のある方は消費者庁(または関連団体・マスメディアなど)への情報提供をお願いいたします。署名と同じく、通報数が大きな意味を持つのでお手数ですがご協力頂けますと幸甚です。
「消費者庁通報フォーム」
http://www.caa.go.jp/representation/disobey_form.html
本署名活動は怒りにまかせた活動や、ゲーム自体を潰そうという活動ではありません。ユーザーにとってより良い環境になるよう改善を求めることが主目的です。心無い批判や野次馬に反応することのないよう、冷静に粛々と行っていきましょう。署名コメントに関しても、節度を持ったコメントをお願い致します。また、コメントの内容によっては法に触れる可能性もありますので、そういったコメントは控えるよう、お願い致します。
------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------
・「FFGM」のガチャが景品類に該当するかどうかという観点
「FFGM」ではモンスターを討伐するというイベントがあります。イベントは難易度によって初級、中級、上級、超級、超絶級が存在します。超絶級に関しては課金ガチャで複数の装備を揃える事が前提の難易度になっており、ガチャを引かずに超絶級に参加するのはほぼ無理と言う実態があります。また、超絶級に参加するためには「それがなければ参加できない」と言う様なガチャでしか入手できない必須の装備品が複数存在します。それらを揃えた上で育成して、やっと参加できるというような難易度となっています(それらがなくとも参加自体は可能ですが、能力不足で邪魔者扱いされるのが実態です)。尚、必須装備が存在することは平成28年3月1日に以下のお知らせがあったことから運営サイドも把握しています。下記お知らせでは「必須武器と言われている」とユーザーが勝手に言っているような表現を使用していますが、実際にはゲームバランスを考え、所謂必須装備を作り出し提供しているのは運営サイドです。ユーザーにはゲームバランスを調整する権限も、必須となるような武器を作る権限もありません。
---------------------------以下、お知らせ内容抜粋---------------------------
過去に実施したグラコレガチャでスクロールしないとピックアップされている全ての武器が見えないというご意見につきまして、
わかりづらい表記で申し訳ありませんでした。
経緯については、表現の改修よりも必須武器と言われている物を早く多数のユーザー様に届けた方がよいとの判断から実行しました。
スクロールの矢印が左右に出ているから認識可能であると判断しましたが、以降の実装ではこういった表現は避けています。
---------------------------以上、お知らせ内容抜粋---------------------------
更に、超絶級には超絶級でしか得られないアイテムが複数存在し、これらは超絶級のボスを倒した際に確率で得ることが出来ますが、その確率は50回ボスを倒すと1~2個排出されると言う低確率となっています。これらが欲しいと言う無課金の方が運営サイドに難易度を下げる予定はないかと問い合わせた所「超絶級で得られる装備はガチャで得られるものと同等の性能を持って居るため、難易度を下げる予定はない」旨の返信がありました。同時に有料ガチャを引かないのに超絶級に参加するというのは違うのではないか、と言う趣旨の意見がユーザーより上がりました。以上のことから、イベントの超絶級への参加及び超絶級でしか入手不可能な装備を得る事は有料でガチャを引き必須装備を集めて育成することが前提となっており、実態として
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/120518premiums_1.pdf
に記載の4の(2)のイの(イ)と同様の理由で「景品類」に該当するのではないかと考えられます。
------------------------------------------------------------
先ずはスマートフォンアプリゲーム「FFGM」についてですが、先日話題となったアプリゲーム「グランブルーファンタジー」に続き、問題点を多々指摘されており、以下に列挙します。同ゲームアプリのみならず、引いては今後のソーシャルゲーム業界全体の規制・改善に繋がればと考えています。賛同頂ける方はよろしくお願いいたします。
1.ガチャ排出率に於ける有利誤認の可能性について
(1)有利誤認とは(消費者庁HP)
http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/yuri.html
(2)優良誤認とは(同上)
http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/yuryo.html
※以下はFFGMのジョブの一つ「黒魔道士」を例に説明します。
まず、今回問題となった「真グラフェス」と呼ばれる有料アイテム「ジェム」を消費して行うガチャと呼ばれるシステムについて纏めます。当該ガチャは1回500ジェム(1ジェム=1円)で行うことができます。ガチャを行うことで、ゲーム内で使用できる様々なレアリティの装備が排出されます。【レアリティ】S:13.545%、A:86.455%(通常時はS:6.638%、A:60.173%、B:33.189%)現在Sランクアイテムは46種類のアイテムが存在しており、個別に排出率を設定している旨の記載も無い為、大多数のユーザーの認識ではSランク内の抽選確率は1/46(約2.174%)という認識でした。しかし、平成28年2月29日に運営より以下のお知らせがありました。
---------------------------以下、お知らせ内容抜粋---------------------------
同名、同アビリティの装備品であっても、属性が異なる場合は異なる装備品としておりますため、出現する属性の種類が多い装備品のほうが、より排出されやすい設定でございました。
この点につきまして、「属性は確かに違うが、同じアビリティばかりガチャから出現する」といった、お客様からのご意見も考慮し、運営チーム内で検討を重ねた結果、装備品の属性数による排出率の差を、出来るだけ均等化するという方針に決定いたしました。
------------------------------以上、お知らせ内容------------------------------
上記内容は、ユーザーの認識とは大きく異なり、ある一つの装備を入手できる実際の確率は、1/46(約2.174%)ではなく、1/126(約0.794%)だったというものでした。(46種類中に16種類のアイテムが6属性存在している)※6属性存在する装備の場合は、6/126(約4.762%)となる。
ガチャの排出一覧画面でも属性毎にアイテムは表記されておらず、別の装備品として抽選されることは認識できなかったと思われます。
参考画像
①平成28年2月26日時点でのガチャ画面と排出率一覧画面
http://upup.bz/j/my20067wUbYtF5GLJ1QAS2c.jpg
http://upup.bz/j/my20068nFuYtdTfnIqdAZq2.jpg
http://upup.bz/j/my20069TwvYtW_85Hjrdvio.jpg
②平成28年2月29日の運営からのお知らせ後のガチャ画面と排出率一覧画面
http://upup.bz/j/my20070jTGYtO8l9tGdAvW6.jpg
http://upup.bz/j/my20072BDvYtfjbkysrZcwY.jpg
http://upup.bz/j/my20073xsDYtMInISsjm2T6.jpg
http://upup.bz/j/my20074ZvTYt2Us_y-KHg2A.jpg
双方とも、属性に関する表記は一切ありません。また、お知らせには「「属性は確かに違うが、同じアビリティばかりガチャから出現する」といった、お客様からのご意見も考慮し」と記載がありますが、同じアビリティばかりガチャから出現するとういう認識はありましたが、あの表記の仕方で「属性は確かに違うが~」などという認識を持っていたユーザーがどの程度存在していたのか、疑問で仕方がありません。更に、ガチャから排出されるアビリティに偏りがあることを、今回のお知らせよりも前に問い合わせた所、運営からの返答は「確率という性質から、どうしても偏りが生じてしまう場合があり、それが皆さんの望まない結果であることもございます。」という内容でした。しかし、実際は確率という性質とは関係なく、偏りが生じるアルゴリズムでした、と言うのが本件に関する真相でした。上記の件について、運営から平成28年3月1日に以下のお知らせがありました。
---------------------------以下、お知らせ内容抜粋---------------------------
今まで、ガチャに関してお答えできなかった理由については、
ガチャ及びドロップ等、公開されていないゲーム内の「確率」や「仕様」
に関する一切のコメントはユーザー間の公平性の観点から差し控えています。
今回に関しては、説明が不足していると判断し例外的にご回答致しました。
以降、ガチャ、その他「確率」、「仕様」についてのご返答は難しいのでご理解ください。
------------------------------以上、お知らせ内容------------------------------
何故ガチャの確率についてコメント(公表)をすることがユーザー間の公平性の観点から控える必要性があるのかわかりません。そもそも、以前頂いた「確率という性質から~」と言う回答と矛盾しています。また、最後の一文から、今後一切確率に関しては運営からアナウンスをするつもりはないということのようですが、矛盾した回答、今後回答を一切するつもりは無いという、今まで誤認した状態で課金していたユーザーに対する誠意の欠片もない対応。更に、「FFGM」には公式フォーラムが存在するのですが、上記について指摘すると運営が当該書き込みを削除し、書き込みをしたユーザーを書き込み禁止にする対応をしています。運営サイドのこのような対応は極めて悪質であり、悪意をもって対応をしている疑いが強いと考えております。
2.同一レアリティ内の一部装備のみ極端に排出率が異なる
上記の通り6属性存在する装備であれば、本来6/126(約4.762%)で排出されるはずですが「ジョブ専用装備」と呼ばれる装備(レアリティS且つ6属性存在する)は上記の確率とは異なり、他の同一レアリティ装備に比べて著しく排出率が低くなっています。これは、グランブルーファンタジーで問題となった「アンチラ」の有利誤認の疑いと同様の問題があると思われます。また「ジョブ専用装備」は上記1.で説明した均等化する修正で、排出率が下がっているはずですが、平成28年3月1日に再度、運営会社より以下のお知らせがありました。
---------------------------以下、お知らせ内容抜粋---------------------------
ジョブ専用武器が排出されにくくなったとご意見を頂きましたが、ジョブ専用武器は今回の調整による影響を受けておらず排出確率は変わっていません。次に前回のピックアップや、属性ガチャのピックアップの対象内で排出が偏るとのご意見について、今回の修正に関わらずピックアップ内の排出確率は属性に関わらずアビリティ単位で均一となっております。
------------------------------以上、お知らせ内容------------------------------
上記の通り「ジョブ専用装備」の排出率は変わっていないとの内容でしたが、ガチャの画面では、「真グラフェス」にてどの装備がピックアップされているかは記載されておりません。(項目1の②の画像、排出一覧の青く光っているものが「ジョブ専用装備」になりますが、レアリティSの中に「ジョブ専用装備」が含まれています)にも関わらず排出率が変わらないということは、個別に排出率が設定されている可能性が高く、その旨の記載が無い事は有利誤認にあたる可能性があります。
真グラフェスの開催期間(=表示期間)
・平成27年12月30日17:12~平成28年1月4日14:59
・平成28年1月31日15:00~平成28年2月5日14:59
・平成28年2月29日15:00~平成28年3月5日14:59
・平成28年3月31日15:00~平成28年4月5日14:59
(平成28年3月31日のフェスに関する運営からのお知らせに「※限定装備品の属性については、ガチャ画面内に1属性分のみが表示されておりますが、表示されている属性とは異なる属性が出現する場合もございます。」との記載がされましたが、限定装備品の属性だけではなくて排出一覧の装備品も同様です。と言うか、そもそも排出一覧には属性に関する記載がありません。誤認する可能性がある事を運営サイドも認識しているのであれば、早く改善して頂きたいです。)
また「ジョブ専用装備」が排出される「真グラフェス」と同様の「グラフェス」と言うものも開催されていました。内容に関しては上記の「真グラフェス」とほぼ同様なので割愛します。ジョブ専用武器が排出される
グラフェスの開催期間(=表示期間)
・平成27年12月21日18:45~平成27年12月25日14:59
・平成28年1月15日8:12~平成28年1月19日14:59
・平成28年2月12日15:00~平成28年2月16日14:59
・平成28年3月17日15:00~平成28年3月22日14:59
・平成28年4月17日15:00~平成28年4月22日14:59
参考画像
・平成28年3月17日15:00~平成28年3月22日14:59に実施している「グラフェス」のガチャ画面と排出率一覧画面
http://upup.bz/j/my21892peQYtCgU6rP-PtFI.jpg
http://upup.bz/j/my21893VCNYtMpQkiaf24vM.jpg
http://upup.bz/j/my21894OUvYtlykRc1rsnlw.jpg
http://upup.bz/j/my21895MdCYtcc-RGY5VY6E.jpg
http://upup.bz/j/my21896OhzYty81DBNrsUjU.jpg
平成28年2月29日の運営からのお知らせ以降、多数のユーザーから「この表記方法ではどの装備が単一属性か、複数属性か判断できずに誤認する。」「「ジョブ専用装備」はレアリティSの中でも特別な処理をしているのにレアリティSの中に入れてあるのはおかしいのでは?(レアリティJ等としてSとは分けるべき)。これでは他のSレアリティ装備と同様の処理がなされていると誤認する。」「一体個別の確率はどうなっているのか?教えてほしい。」と言った指摘がされていたにもかかわらず、何の改善も見られません。それどころか、公式フォーラムでそういった指摘をすると、書き込みを削除され、フォーラムへの書き込み制限をされるという有様です。幾つかの画像をご覧頂ければ分かる通り、ガチャの排出一覧に装備が追加されたりガチャ毎に排出品や確率が変更になっていたりするので、システム的な変更は難しくないと考えられます。にもかかわらず、何故敢えてユーザーの声を無視して何の説明もなく問題視されているフェスを開催したのか。後ろ暗い理由があってユーザーからの要望に応えられないのではないかと勘ぐってしまいます。後述する通り、約30万円で1個排出されるものを売りにし、確率を公表せず誤認する表記をして射幸心を煽り多額の課金をさせようと言う意図しか見えません。消費者行政上、未成年も遊ぶスマートフォンのゲームでこのような多額の金銭を結果として支払ってしまう事が許されて良いのでしょうか。所謂ソーシャルゲームで同様の問題が多発していますが、本件は消費者被害という観点からコンプガチャと同様の問題点を抱えていると考えます。
参考:ジョブ専用装備の排出率について、有志の方が検証した結果。10連ガチャを357回実施した結果、ジョブ専用装備は3個排出されました。確率的には約0.084%(3/3570)となり、金額換算では約30万円で1個排出される程度の結果となりました。参考画像(赤枠で囲っている青い色に光っている物がジョブ専用装備になります)
http://upup.bz/j/my17091RdsYtXLiXpvP5yNc.jpg
後述する項目4に記載してありますが、この装備品の最大性能を確実に引き出すためには、ガチャで引き当てたものとは別に、同一の装備品が通常時で20個(600万円)何度か実施されているアビリティレベルアップ確率2倍キャンペーン中で12個(360万円)必要になります。平成28年3月1日に運営よりガチャの排出率のチェックに関して以下のお知らせがありました
---------------------------以下、お知らせ内容抜粋---------------------------
なお、全てのガチャの排出確率のチェック方法に関して、
ガチャ毎に5000回実行した場合に確率が適正であるかをシステムで2回チェックした後に
さらに人の手で実機にて最終確認をしています。
------------------------------以上、お知らせ内容------------------------------
上記のお知らせを読む限り、運営サイドとしてはこの確率及び入手に要する金額を適正だと考えているようですが、一つの装備品を得るのに数十万円、その装備品の最大性能引き出すのに数百万円掛かるという事がスマートフォンのゲームという範疇で適正であるとは到底思えません。「FFGM」のレーティングは12+となっており、中学生や高校生もプレイします。そのようなゲーム内の、射幸性の高いガチャと言う手法に於いて、売りにしているジョブ専用装備の排出率を誤認させるような表記をし、この値を適正値としている運営サイドは極めて悪質であると考えます。本件につき、FFGMの運営会社であるクルーズ株式会社へ問い合わせた所「確率の詳細は非公開の情報」である旨の回答を頂きました。また、FFGMを提供しているスクウェア・エニックスに、本件は法律に触れる可能性があるが、前述した運営会社からの回答がスクウェア・エニックスとしての公式見解と受け取って良いかと直接問い合わせた所「FFGMに関する公式の見解は、専用窓口より行われた回答内容となります。」と言う、前述した回答を肯定するものでした。スクウェア・エニックスと言えば有利誤認の可能性があるということで「星のドラゴンクエスト」「ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト」が、他にも「ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス」で課金アイテムの下方修正がユーザーから問題視されていますが、この様に次々と問題を起こしているのは、運営会社のみならずスクウェア・エニックス自体に問題がある可能性もあります。(尚、FFGMでは課金アイテムの下方修正はユーザーへの事前の説明なく日常茶飯事的に当然のように行われています)
前述した通り、ユーザーへ明確な確率を公開していないとのことなので、仕様として確率をどの程度にしているか、また、この金額を適正としている根拠について、消費者庁による調査及び公表を求めます。
3.確定ガチャにおける有利誤認の可能性
「FFGM」アプリのガチャでは、「10連でS1個確定」というキャンペーンをほぼ常時行っています。内容は、「期間内に10連ガチャ(10回連続でガチャをするシステム)を行うと、レアリティSの装備が1個確定で排出される」というものです。文言だけ見れば良心的に見えますが、この表記もユーザーの認識と実際の仕様が異なっています。
【ユーザーの認識】10連ガチャを行った場合、残り9個のレアリティに関わらず、S装備が1つ排出される。「確定」枠が存在すると言う認識。(確定:確かにきまること。定まって変動しないこと)
例:)「●●●●○●●●●☆」  「●●●●●●●●●☆」
凡例)☆:S確定、○:S、●:A以下
【実際の仕様】10連ガチャを行った場合、最初の9個までの抽選でS装備が排出されなかった場合のみ10個目がS装備で排出される。「保証」と表現すべき処理がなされている。(保証:大丈夫だとうけあうこと。)
例:)「●●●●○●●●●●」  「●●●●●●●●●☆」等)
凡例)☆:S確定、○:S、●:A以下
「確定」処理のガチャと「保証」処理のガチャが混在している状態について
表示期間
・平成28年3月10日15:00~平成28年3月13日14:59
・平成28年4月10日15:00~平成28年4月13日14:59
上記期間中に間で実施された「ジョブガチャ」と「イレブンの日ガチャ」は「10連でSランクが2個確定」となっており、処理も前述した【ユーザーの認識】と同様「確定」というべき内容になっていました。今までこのようなことはなく、このキャンペーンから処理について変更したのだと思うのですが、処理の変更に関する運営からのアナウンスは何もありません。また、同時期(平成28年3月8日15:00~平成28年3月22日14:5)に開催しているFF9コラボガチャは「10連でSランクが1個確定」と表記されていますが、平成28年3月11日0:28時点で前述した【実際の仕様】と同様の「保証」と言うべき処理になっています。開催期間が重なっている間は、前述した「確定」ガチャと「保証」ガチャが混在している状況です。「確定」処理がされているガチャと「保証」処理がされているガチャが混在している状況は「確定」処理のガチャを引いたユーザーが「確定」と表記されている全てのガチャで「確定」処理がなされていると誤認し「保証」処理のガチャを引いてしまう可能性があり、有利誤認に当たるのではないかと考えられます。また、運営サイドから本件についてユーザー向けにアナウンスがないことから、意図的に誤認を誘発させようとしている可能性もあります。(改善の意図があり実施したのであれば運営からアナウンスすれば良いだけなので、それがないということに疑問を感じます。)
FFGM配信から今まで、上記ガチャのみが「確定」処理となっています。
参考画像
「確定」処理のガチャと「保証」処理のガチャが混在している
http://upup.bz/j/my18101OSLYt100IVN1pcNI.jpg
「ジョブガチャ」のガチャ画面
http://upup.bz/j/my18102eiOYt5F97lwoUWa_.jpg
「FF9コラボガチャ」のガチャ画面
http://upup.bz/j/my18103KmWYtP-IKYze7ty2.jpg
表示期間
・平成28年3月15日15:00~平成28年3月17日14:59
上記期間に実施された「防具ガチャ」は「確定」処理ではなく「保証」処理となっていました。
参考画像
http://upup.bz/j/my20263LSvYt4Eui778TFZw.jpg
http://upup.bz/j/my20264AVvYtwmVW9IrIclQ.jpg
http://upup.bz/j/my20266VOHYtHrLyI5ewRYQ.jpg
http://upup.bz/j/my20265piOYtucq4NS_7jkU.jpg
↑自力でSを引くと「確定」枠が消滅しています。
金銭が関わる重要な処理の変更を何のアナウンスもなく次々と変更していく。ユーザーはガチャを引くまでそんな処理の変更をされたことはわりません。極めて悪質であると考えます。
4.ガチャ排出品における優良誤認の可能性
「FFGM」の装備品には「アビリティ」というものが付与されており、アビリティには「レベル」という概念が存在します。レベルには1~5まで段階があり、レベル5でアビリティの性能が最大化します。レベルを上げるには、同じアビリティがついた装備品をガチャで引き当て、それを「素材」として「合成」という掛け合わせを行う必要があります。一定確率で合成が成功した場合に限りレベルが上がり、失敗した場合は素材となった装備品は消失する仕組みになっています。消費者が、ガチャ画面から見ることが出来る装備品(アビリティ)の詳細は、レベルが5の状態のものとなっていますが、実際にガチャから排出されるのはレベルが初期値の1のものです。このことは、ガチャから排出される装備品が実際のものよりも著しく優良であると消費者に対して示す、優良誤認にあたる可能性があります。また、レベルによって説明文が変化しない装備品が大多数である中、レベル1と5とでは、アビリティの説明自体が異なる装備品も一部存在します。一例を以下に記します。

表示期間
・平成27年11月11日0:00~23:59
フラクチャーⅢと言うアビリティの説明文
アビリティレベル1:敵単体に物理大ダメージ+無属性スリップダメージ付与
アビリティレベル2~5:敵単体に物理特大ダメージ+無属性スリップダメージ付与
と言う状態でした。ガチャ画面から見ることが出来る説明は前述した通り、アビリティレベル5の状態での記載であったため、アビリティレベル1でも特大ダメージであると言う誤認を誘発しました。
また、上記表示期間中、アビリティレベルアップについて「同じアビリティが付いている装備品同士を合成するとアビリティレベルがアップすることがある」程度の仕様しか公開されておらず(注1)同じ装備品を何個どのように合成すれば良いかわからない状態でありました。そのような状態で上記のような誤認を招く表記をしたことは、ガチャを限られた時間内で出来る限り多く引かせようと言う、射幸心を過剰に煽る意図があったのではないかとの疑いもあります。
表示期間
・平成28年3月22日17:00~平成28年3月28日14:59
・平成28年4月5日15:00~平成28年4月10日14:59
○属性ダメージ増加及び最大TPアップ3と言うアビリティの説明文
○属性ダメージ増加アビリティレベル1:○属性の攻撃で弱点を突いた場合、ダメージが1.1倍になる
アビリティレベル5:○属性の攻撃で弱点を突いた場合、ダメージが1.3倍になる
最大TPアップ3アビリティレベル1:最大TPが30アップ
アビリティレベル5:最大TPが50アップ
尚、本件について、ゲーム内にアビリティレベル1の状態の運営からのアナウンスは一切ありません。確かにこの値が最大値である旨の記載はありますが、排出時のレベルであるレベル1の状態を記載していないのは、排出時の状態で記載されている性能と同等程度の性能があると誤認させるのを狙った優良誤認に当たるのではないかと考えられます。
参考画像
ゲーム内のお知らせ:アビリティについてはガチャ画面の排出一覧を確認するようにと記載されている。具体的な数値についての記載はありません。
http://upup.bz/j/my24049tPPYtHqp9ypUemmA.jpg
http://upup.bz/j/my24050rXaYtEUSoitoFFpU.jpg
http://upup.bz/j/my24051argYtLwVJO7Di_4k.jpg
ガチャ画面:最大1.3倍との記載はあるが、排出時の性能についての記載はありません。
http://upup.bz/j/my24055YdJYta1gOk3stPI_.jpg
http://upup.bz/j/my24056quvYtUWBj4Nm-Jf_.jpg
http://upup.bz/j/my24058wNkYtE70ArohE4EQ.jpg
ガチャ排出一覧:数値に関しては確認のしようがありません。
http://upup.bz/j/my24059aRCYtf-ZT7-nuRuc.jpg
実際に排出されたアビリティの状態:アビリティレベル1の状態です。
http://upup.bz/j/my24060bAIYtLDVUJGRVR-c.jpg
http://upup.bz/j/my24061mgHYtWAjqN1SYZnk.jpg
尚、以下にアビリティレベルアップの仕様を記載しておりますが、アビリティを1から5まで確実に上げるためには、ガチャで引き当てたものとは別に、同一の装備品が通常時で20個、何度か実施されているアビリティレベルアップ確率2倍キャンペーン中で12個必要になります。
(注1)平成27年12月21日に下記運営からのお知らせがあるまでアビリティレベルアップについての詳しい仕様は非公開でした。
------------------------------以下、お知らせ内容------------------------------
■変更前 ベースに選択した装備品と同一のアビリティが付いている装備品を素材にした場合、確率でアビリティレベルがアップします。 対象の装備品を2個以上素材に設定した時に、アビリティレベルが2以上アップすることがあります。
■変更後 ベースに選択した装備品と同一のアビリティが付いている装備品を素材にした場合、強化合成確認画面でアビリティレベルアップの確率が表示されます。
素材に選択した装備品のアビリティレベルが高いほど、アビリティレベルのアップ確率は上昇します。
確率の表示が100%の場合、必ずアビリティレベルが1アップします。 アビリティレベルは1回の強化合成で1のみアップします。
ベースと同一の装備品かつアビリティを素材に選択している場合、アビリティレベルアップ確率に+5%のボーナスが付きます。
素材に選択した装備品のアビリティレベルによるアビリティレベルアップ確率は以下の通りです
1:20%
2:25%
3:30%
4:35%
5:40%
------------------------------以上、お知らせ内容------------------------------
アビリティレベルに関係なく、ガチャ画面の表記と排出される物に違いがあったケースもあり、下記に列挙します。
表示期間
・平成28年4月7日15:00~平成28年4月7日16:00
平成28年4月7日より開催された「火炎の導きガチャ」及び「氷結の導きガチャ」において、上記期間中、ガチャ画面における表記が、実際に排出されるものよりも優良な表示になっていました。
参考画像:ガチャ画面。戦士ガチャは修正後の画像になりますが、黒魔道士ガチャ以外のガチャ画面における表記は、修正前は黒魔道士ガチャの画像と同様にダメージ上限+100万と言う表記でしたが実際に排出されるのはダメージ上限+50万のアイテムでした。
戦士ガチャ(修正後)
http://upup.bz/j/my29374ZpsYtS5ypAgYp4zE.jpg
黒魔道士ガチャ
http://upup.bz/j/my29375ORaYtuMusP6Oi63c.jpg
参考画像:ゲーム内のお知らせ。
http://upup.bz/j/my29376LNjYtdRgSf_qTevw.jpg
http://upup.bz/j/my29377jKTYtHDUfCZuWzQk.jpg
5.ガチャ排出内容の有利誤認の可能性
表示期間:平成27年10月1日~平成27年12月中旬頃まで
項目1に記載の通り、「FFGM」ではガチャを行うことで、ゲーム内で使用できる、S~Bのレアリティの装備が排出されます。その性能は優れたものから順にS>A>Bとなっており、レアリティにより大きく開きあります。具体的にはゲーム内での実用に耐えるのはほぼSのみで、Bはまず使い物になりません。表示期間中はレアリティ毎の排出確率が明示されておらず「主な排出一覧」にはSとAの装備のみが列記されていましたが、実際ガチャをするとBレアの排出が大半を占めるという状況でした。ガチャからBが排出されることを、ユーザーが事前に認識することはほぼ不可能であり、有利誤認に当たるのではないかと考えられます。
6.おまけ付きガチャにおける有利誤認の可能性
表示期間:平成27年11月17日16:00~平成27年1月20日14:59
表示期間中、ガチャを引くとおまけが付くというキャンペーンを実施していました。この際のガチャ画面の表記の仕方が「おまけ内容と言う記載の右にSの表示があり、そのSの下にピックアップしてあるSランク排出品が表示されている」という「おまけの内容がピックアップされているSレアの装備品のみである」と誤認を誘発する内容でした。しかし実際は・ギル(20000ギル、10000ギル、5000ギル、2500ギルのいずれかから選ばれます)(注2)・ジェム(5500ジェム、500ジェムのどちらかから選ばれます)・アダマンタイト×1(注2)・マテリダ×1(注2)・マテリガ×1(注2)・ピックアップされているSランク装備品の内のどれか一つでした。尚、この中で一番ユーザーから見て価値があるのはピックアップ装備品であり、他のものに関しては通常のゲームプレイでもある程度の努力で手に入れられるものであるため、ピックアップ装備品と比較して価値の低いものでした。ガチャ画面の表記の仕方は、ガチャという取引をさせるため、おまけを価値が高いピックアップ装備品のみであるという様に誤認させる有利誤認に当たるのではないかと考えられます。
参考画像
http://upup.bz/j/my16568kUfYtG4VRO6M4tTo.jpg
注2:ギルはゲーム内の世界で利用されている通貨、他は装備を強化する為に必要なアイテムで、ガチャや金銭不要で入手可能なものになります。
7.総付景品の限度額違反の可能性
実施期間
・平成28年1月22日10:07~平成28年2月8日14:59
実施期間中、下記を購入すると、それぞれ一度だけ、好きなSランク装備品1つと交換可能な「セレクトチケット」が特典としてついて来るというキャンペーンを実施していました。①「ジェム2500個」+「おまけ2500個」を2500円で購入する②「ジェム9800個」+「おまけ9800個」を9800円で購入する総付景品の限度額は取引価額が1,000円以上の場合、取引価額の10分の2と定められています。9800円の取引をした場合、総付景品の限度額は1960円になります。項目1で記載した通り、Sの排出率が13.545%(通常時のSの排出率は6.638%ですが、敢えて運営サイドに有利な13.545%を使用します)Sランクアイテムが46種類存在しているとして、Sランク内の抽選確率は1/126(約0.794%)とした場合、目当ての装備品を入手するのにかかるジェムの目安は約63000ジェムとなり、「FFGM」でジェムを購入する際の一番有利な条件である②で購入した場合で31500円相当となり、限度額を超過していると考えられます。
実施期間
・平成28年3月10日15:00~平成28年3月13日14:59
・平成28年4月10日15:00~平成28年4月13日14:59
「ジェム3000個」+「おまけ2500個」を3000円で購入する以外は上記平成28年1月22日10:07~平成28年2月8日14:59に実施したのと同様の内容になります。
8.不当な価格表示に該当する可能性
表示期間:平成28年3月5日15:00~平成28年3月8日(火)14:59
平成28年3月5日、運営より以下のお知らせがありました。
---------------------------以下、お知らせ内容抜粋---------------------------
3/5(土)15:00~より、ジョブガチャに新たな装備品が追加されます。
下記の期間中に限り、今回追加された装備品は、「最大まで限界突破済み」、「レベル最大」、「アビリティレベル最大」の状態で排出されます。
また、期間中は今回追加された新装備品の排出率がアップ
------------------------------以上、お知らせ内容------------------------------
ガチャ画面には下記参考画像のように新武器排出超絶アップとの記載があります。
http://upup.bz/j/my16571ACxYt42hDqivJ9xU.jpg
しかし、今回新たに追加されたものであるため、そもそも過去の比較対象がないにも関わらず、排出率がアップもしくは超絶アップ等の表現をする事は、不当な価格表示についての景品表示法上の考え方
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/100121premiums_35.pdf
の第4二重価格表示についての2の(ウ)に記載のある「最近相当期間にわたって販売されていた価格」とは言えず、消費者を誤認させると考えられます
平成28年3月5日、運営より以下のお知らせがありました。
---------------------------以下、お知らせ内容抜粋---------------------------
3/5(土)15:00~より、ジョブガチャに新たな装備品が追加されます。
下記の期間中に限り、今回追加された装備品は、「最大まで限界突破済み」、「レベル最大」、「アビリティレベル最大」の状態で排出されます。
また、期間中は今回追加された新装備品の排出率がアップ
------------------------------以上、お知らせ内容------------------------------
ガチャ画面には下記参考画像のように新武器排出超絶アップとの記載があります。
http://upup.bz/j/my16571ACxYt42hDqivJ9xU.jpg
しかし、今回新たに追加されたものであるため、そもそも過去の比較対象がないにも関わらず、排出率がアップもしくは超絶アップ等の表現をする事は、不当な価格表示についての景品表示法上の考え方http://www.caa.go.jp/representation/pdf/100121premiums_35.pdf
の第4二重価格表示についての2の(ウ)に記載のある「最近相当期間にわたって販売されていた価格」とは言えず、消費者を誤認させると考えられます。
9.ガチャ排出確率表示とS排出確率2倍という表記の齟齬における有利誤認の可能性
表示期間:平成28年3月31日15:00~平成28年4月5日14:59
上記期間に開催された「真グラフェス」の「赤魔道士ガチャ」において「Sランク装備品の排出確率がジョブガチャの2倍」とのお知らせがありましたが、実際には排出一覧に記載されているSランク装備品の排出確率は2倍に満たない状態になっていました。バナー等に「S2倍」と言う表記が全面に押し出されているため、排出一覧の確率との齟齬に気付かず、誤認すると考えられます。
参考画像
ゲーム内のお知らせ:「Sランク装備品の排出確率がジョブガチャの2倍」との記載あり。
http://upup.bz/j/my27208fgHYt4wZfoiLOVdI.jpg
http://upup.bz/j/my27209yqtYtEFODivUCjYQ.jpg
ガチャ画面:「ジョブガチャ」の上に「真グラフェス」への誘導のバナーがあり、「真グラフェス」の方にはS確率2倍との表記あり。
http://upup.bz/j/my27211RwlYtH-gcuicp2Mk.jpg
「ジョブガチャ」の排出一覧の画面:レアリティSの排出率は「戦士ガチャ」が6.638%。「赤魔道士ガチャ」が7.154%。
戦士ガチャ
http://upup.bz/j/my27212DqJYtQwQh0DWHZMY.jpg
http://upup.bz/j/my27213xWTYtzmz_TyOV-7w.jpg
赤魔道士ガチャ
http://upup.bz/j/my27214GJnYtnyqLNG3eqSE.jpg
http://upup.bz/j/my27215qaKYt8fQHcEhLz9M.jpg
「真グラフェス」の排出一覧の画面:レアリティSの排出率は「戦士ガチャ」が13.545%。「赤魔道士ガチャ」が13.545%。
戦士ガチャ
http://upup.bz/j/my27217omdYtSJKHCXdl-iQ.jpg
http://upup.bz/j/my27218MhvYt63WLyf3zRNM.jpg
赤魔道士ガチャ
http://upup.bz/j/my27219tahYt8Fuz4vDlo3E.jpg
http://upup.bz/j/my27220ARvYtXbnoljZLIQE.jpg
「ジョブガチャ」のSランク装備品の排出確率は「戦士ガチャ」よりも「赤魔道士ガチャ」の方が高いにもかかわらず「真グラフェス」のSランク装備品の排出確率の表記は同じになっています。また「赤魔道士ガチャ」は元の確率が7.154%であるにもかかわらず「真グラフェス」の排出確率は7.154%の2倍である14.308%に満たない数値となっています。ガチャ画面やお知らせで2倍と謳っておきながら排出確率が2倍になっていない可能性があり、実際よりも有利に見せようとする有利誤認に当たる可能性があります。
次にスマートフォンアプリゲーム「デジモンリンクス」ですが、こちらでも「FFGM」と同様に、問題と考えられる点があるため、下記に列挙します。
デジモンリンクスについて「デジモンリンクス」では「デジモン」と言うゲーム内アイテムを進化(強化)させるために、進化素材が必要な仕組みになっています。「デジモンリンクス」ではスタミナ制を採用しており、スタミナの回復にはデジストーンと言う「FFGM」で言う所のジェムが必要になります。また、戦闘に敗北した場合のコンティニューの際にもデジストーンが必要になります。
進化素材を得る「降臨」と言うイベントがあり、難易度によって初級・中級・上級が存在します。尚、それぞれの級の違いによるドロップ率は公開されていません。
a.期間限定イベントにおける有利誤認の可能性
表示期間
・平成28年4月2日17:00~平成28年4月2日19:59
・平成28年4月3日12:00~平成28年4月3日14:59
・平成28年4月3日16:00~平成28年4月3日18:59
上記期間中に「降臨レアドロップ率アップキャンペーン開催」とのお知らせが運営よりありました。対象の降臨クエストで獲得できるレアドロップのドロップ率が2倍になるというものです。しかし、お知らせに記載のある「アルフォースブイドラモン」のみ「降臨」イベントにレアドロップ率2倍の表示がありません。実際にレアドロップ率2倍になっているのかもわかりません。ユーザーに誤認を招くと考えられます。また、ドロップ率の低さ(スタミナ回復が必須)や「降臨」イベントのクリアがコンティニュー必須の難易度になっている事からデジストーンが必要になります。お知らせにある期間中に「デジモン」を進化させる(経済的利益)のに必要な進化素材(レアドロップ)を集めるためには課金してデジストーンが必要(顧客誘引性)であるという実態があります。以上のことから「降臨」イベントで得られるレアドロップ品は不当景品類及び不当表示防止法における「景品類」に該当すると考えられ、同法における有利誤認に当たるのではないかと考えられます。
参考画像
ゲーム内のお知らせ:「アルフォースブイドラモン」がレアドロップ率2倍になる旨が記載されている
http://upup.bz/j/my28651THSYt_ZGv2ZmMbb6.png
「降臨」イベント画面:「アルフォースブイドラモン」にレアドロップ率2倍の表示がありません
http://upup.bz/j/my28646RgHYtgAY1l3FQPYU.jpg
http://upup.bz/j/my28652DeTYteS8whMs0wj2.jpg
http://upup.bz/j/my28653yuqYtVzFjI8C4kDA.jpg
http://upup.bz/j/my28654BqIYtgJV3VA9PBXM.jpg
b.不当な価格表示に該当する可能性
表示期間
・平成28年4月2日17:00~平成28年4月2日19:59
・平成28年4月3日12:00~平成28年4月3日14:59
・平成28年4月3日16:00~平成28年4月3日18:59
前述した通り、元々の確率が表示されていないのにもかかわらず、レアドロップ率2倍という表記は比較対象がありません。また、配信日が平成28年3月24日であり、配信から2週間未満であるにもかかわらずレアドロップ率2倍という表記をすることは不当な価格表示についての景品表示法上の考え方http://www.caa.go.jp/representation/pdf/100121premiums_35.pdf
の第4二重価格表示についての2の(ウ)に記載のある「最近相当期間にわたって販売されていた価格」とは言えず、消費者を誤認させると考えられます
上記11点について「FFGM」と「デジモンリンクス」の運営会社である「クルーズ株式会社」が掲げたサービスに嘘偽り等の問題がないかの調査と指導及び「FFGM」のガチャに於ける全排出アイテムの個別確率表示を求めます。
消費者庁へのメッセージ
------------------------------------------------------------
平成28年3月23日の消費者問題に関する特別委員会にて、衆議院議員井坂信彦氏がオンラインゲームおける有料ガチャの件を取り上げました。
https://www.youtube.com/watch?v=Xum052KvVZM
15分39秒頃から最後までがガチャ関連の質疑になります。井坂信彦氏のホームページにもYouTubeの動画が掲載されていますので、上記で見られない場合は下記からご参照下さい。
http://www.isaka-nobuhiko.jp/
本特別委員会にて井坂信彦氏から消費者庁へ下記の質疑がありました。
「業界団体の自主規制に任せていると漏れがあるしどこまで実行されているかわからない。現状業界団体の自主規制だけで、未成年者が課金し過ぎないような規制はされているのか?」
それに対して河野太郎内閣府特命担当大臣から業界の自主規制に関して以下の様な返答がありました。
「未成年者への高額課金の防止については、業界団体や大手の事業者は自主的に実施していると認識している。ただ、全ての事業者についての自主的な取り組みの実施状況については網羅的には把握していない。(中略)業界として健全に発展させようとするのであれば、業界としてルールを決めて、業界でルールが守られているか、何らかの方法で確認するほうが良い。まず業界がルールを作って、それをどのように担保するのかを見極めたい。それが抜け穴だらけでどうにもならない、社会問題化してきたら別なやり方を考える必要があると考えている。」
業界団体の自主規制に関しては下記に詳しくまとまっていますが、自主規制が機能していないと言う現状があります。
オンラインゲーム・ソーシャルゲーム業界に於ける消費者軽視の風潮について業界の体質改善及び行政主導の規制を求める署名フォーム
https://t.co/0IUumzEPlG
JOGA、「ガチャ課金ルール改定」報道を一部否定 「ガチャ上限5万円」は2012年時点から存在
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/25/news113.html
本サイトで問題にしているFFGMとデジモンリンクスだけでなく、複数のゲームで署名活動が起こり、消費者庁への提出がされている事自体、業界の自主規制は存在していても機能しておらず、社会問題化している事の証左ではないでしょうか。
ガチャに関する答弁の最後、井坂信彦氏は上記の河野太郎氏からの返答に対し
「未成年者も含めて、既に我々の常識を超えた課金が行われている。社会問題化したらということではなく、私は既に問題だと思う。業界任せには限界があると思うので、消費者庁としても実態の把握と有効な対策の検討に入って欲しい。」
と言っていますが、井坂信彦氏の発言のように、消費者庁として実態の把握と有効な対策の検討に入って欲しいと切に望みます。また、既に社会問題化していると言う認識ですので、河野太郎氏の発言にある「別なやり方」の検討もお願いしたく存じます。
消費者保護という観点から、是非ともご対応頂けますと幸いです。
------------------------------------------------------------
注意:本サイトは法律に関して素人である個人が作成しています。
間違い等ございましたらコメントを頂ければと存じます。随時修正をしていきたいと思います。
また、頂いた署名は重く受け止め、目標数(先ずは300を目指しております(*))に達し次第消費者庁へ送付させていただきますが、確実に何かが変わるというわけではないことも、ご了承頂けますと幸いです。
【署名サイトについて】
Q,署名サイト?個人情報が抜かれるのではありませんか?
A,change.orgは世界196カ国で使われ、国境無き医師団などが広告主の世界的に認められている署名サイトです。ご不安な方は参考にしてください。
プライバシーポリシー
https://www.change.org/policies/privacy
個人情報売買は行っていないという声明
https://m.facebook.com/hiroshima.p.m.m/posts/220154008141686
海外のサイトなので攻撃や誹謗中傷に当たるコメントは訴えられる可能性が有りますのでご注意してください。尚、コメントなしでも署名は可能です
Q,電子署名サイト?1人で何回も署名できるから意味無いのではありませんか?
A,change.orgの署名は過去にApple社の労働環境を変えた実績を持つサイトです。日本ではオリンピックのレスリング競技を存続させることに成功しています。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32602?page=2
http://www60.atwiki.jp/team_japan/sp/pages/35.html
--------------------------------
更新履歴
平成28年4月28日
・宛先にCESAを追加。
平成28年4月20日
・項目2にグラフェスの開催期間を追加。
・一部レイアウト調整
平成28年4月11日
・項目3にイレブンの日ガチャについて追加。
・項目7に実施期間を追加。
平成28年4月8日
・項目4に平成28年4月7日より開催された「火炎の導きガチャ」及び「氷結の導きガチャ」を優良誤認案件として追記。
・進捗報告についての記載を本文から削除(進捗報告は下の方に別途あるので)。
平成28年4月6日
・項目4に「○属性ダメージ増加及び最大TPアップ3と言うアビリティの説明文」の表示期間を追加
・項目7に実施期間を追加
・運営会社が同じで、同様の問題と考えられる事を行っている「デジモンリンクス」の件を追加。それに併せてタイトル等も修正。
・レイアウトの調整。
平成28年4月2日
・項目9を追加
平成28年4月1日
・項目2に真グラフェスの開催期間を追加。また、今回は限定装備品の属性についての注意事項が運営からのお知らせに記載されている旨を記載。
平成28年3月29日
・消費者庁へのメッセージを追加。
平成28年3月24日
・誤字脱字の修正。一部語句の表記統一。
平成28年3月23日
・項目4に平成28年3月22日より開催された「防具ガチャ」を優良誤認案件として追記。
平成28年3月18日
・平成28年3月18日(金)11時頃に消費者庁へ提出した旨と今後の提出予定について追記。
平成28年3月17日
・項目2に平成28年3月17日より開催された「グラフェス」の期間と運営の対応、その事による消費者被害と言う観点について追記。
平成28年3月16日
・項目1の文言を一部修正(誤字脱字、言い回しの修正)。
平成28年3月15日
・項目1に参考画像としてガチャ画面を追加(消費者庁へは別途既に提出済みのものとなります)。
・項目1に「確率」に関する運営の回答についての矛盾、また、対応の悪質さについて追記。
・項目2にレアリティSの中に他のレアリティSとは異なった処理をしていると考えられる「ジョブ専用装備」が含まれている件を追記
・項目3に「防具」ガチャが「保証」ガチャになっている件について追記。
平成28年3月11日
・項目3に「確定」ガチャと「保証」ガチャが混在している件について追記。
・平成28年3月11日(金)15時頃に消費者庁へ提出した旨と今後の提出予定について追記。
平成28年3月10日
・項目2の消費者庁へ調査
・公表要望に「また、この金額を適正としている根拠について、」を追記。
平成28年3月9日
・項目2に関するスクウェア・エニックスの公式見解を追記。
平成28年3月8日
・項目2に参考として、ジョブ専用装備の排出率の検証について追記。
平成28年3月7日
・本署名活動の目的を一番上に記載するように修正。
・「FFGM」のガチャが景品類に該当するかどうかという観点を追記。
・目標数の300に到達したため消費者庁へ提出した旨と、今後の提出予定について追記。
・年号を和暦表示に統一。
平成28年3月6日
・項目4に表示期間中、アビリティレベルアップの仕様公開がされていなかった件を追記。
・項目6~8を追加。
平成28年3月5日
・更新履歴の追加。
・項目3の内容に誤認を誘発する要因として「確定」と「保証」の違いについて記載。
・真グラフェスの開催期間を追記。同様のキャンペーンである「グラフェス」についても追記。
・項目4と項目5を追加。
・レイアウトの調整。
---------------------------------

 



今日:Nさんがあなたを必要としています

A Nさんは「消費者庁: 【グラマス】ファイナルファンタジーグランドマスターズ運営会社に消費者庁による立ち入り検査を求める【景表法違反・疑惑】」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Nさんと997人の賛同者と一緒に賛同しましょう。