消費者庁様へ:ビーガン/ベジタリアンの表示を明確にして下さい!

0 人が賛同しました。もう少しで 5,000 人に到達します!


*English version is here→https://www.change.org/veg_en 

私達は日本の消費者庁にベジタリアン/ビーガン製品のより分かりやすい表示をするよう、又、国内の食品製造業者と提供者の間で、ベジタリアン/ビーガンの消費者のニーズを満たすオプションの欠如に対する意識を高める為の緊急の行動を取るよう求めます。

現在、日本は、ベジタリアン/ビーガンの文化やプラントベースの食生活に関する知識が不足しているため、他の国に遅れをとっています。特に、市場に出回っている商品やレストランのメニューは、明確なベジタリアン(菜食)やビーガン(完全菜食)の表示に欠けています。

旅行雑誌「トラベルジャーナル」は、2017年に日本を訪れた2870万人の外国人のうち、約134万人が菜食主義者や完全菜食主義者だったと推定しています。これは全ての訪日外国人の5%近くですが、ほとんどのレストランでは、主要な観光地や地域でも、メニューにベジタリアンやヴィーガンの記載がされておらず、特に訪日外国人のほとんどが日本語を読めない、またはレストランスタッフとメニューを明確にするための会話能力が限られているため、大きな問題となっています。

これらのベジタリアン/ビーガン製品の需要が増加している中、2020年の東京オリンピックの開催で、将来的に需要はさらに増加する見込みです。従って、適切で明確なベジタリアン/ビーガン表記が製品にされていることが必要です。また、コンビニエンスストア等で販売されている製品の原材料表示についても明確さに欠けており、動物性原材料は使用されているのか、どれがベジタリアンでどれがビーガンなのか、日本人にとってもかなり分かりづらいのが現状です。例えば、調味料、乳化剤などの原材料は明示されていません。

現在のところ、日本はベジタリアン・ビーガンの訪問者又は住民のニーズに応えていないことが明らかです。

私達は消費者庁に次の内容を要請します:

1.製造者及び食品提供者に自社製品の原材料表示を明確にし、既にベジタリアンまたはビーガンの製品にラベルを付けるよう押す(分かりやすく入手出来るようにする為。)
2.レストランに、既にベジタリアン又はビーガンのメニューにマークを表示し、ベジタリアン又はビーガン対応に変更出来るメニューにはその旨を表示、そしてベジタリアン及びビーガンのメニューを増やすよう求める。

世界中のビジネスは、自らの免責条項と条件で公式・非公式問わずビーガンやベジタリアンの表記マークを使用しています。日本が例外でなければならない理由はありません。

私たちは日本の消費者庁に、国内の食品製造業者と提供者の間でベジタリアン/ビーガンの消費者のニーズに対する意識を高めるため緊急の行動をとって頂きたく存じます。

この申請書に署名することにより、我々全員、ビーガン、ベジタリアン、プラントベースの食生活に興味のある人々誰でもメニューや食事を選ぶ時、より簡単でより良い選択肢を得る為の手助けをすることができます。

署名やシェアして頂きありがとうございます。皆で一丸となれば、全ての人にとってバリアフリーな日本を作り上げる手助けが出来ます。



今日:Japan Vegan Communityさんがあなたを信じています

Japan Vegan Communityさんは「消費者庁様へ:ビーガン/ベジタリアンの表示を明確にして下さい!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Japan Vegan Communityさんと3,902人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。