このキャンペーンは終了しました

司法修習生の給費制を復活させてほしい

37人の賛同者が集まりました


 司法修習生の給費制は、修習専念義務・兼業禁止義務を課された司法修習生が、良き法曹となるにふさわしいスキルとマインドを醸成させるため、修習の実をあげるために不可欠です。また、修習の義務の対価として、給費は必要不可欠です。
 法曹養成は国の三権の一翼である司法権を担う人材育成であり、これに公費を投入することで、市民は安心して司法サービスを利用できます。多様かつ有為な人材が司法界に存在することは、市民の利益ですので、志ある若者が経済的理由で法曹になるのを諦めることにならないように、国が責任をもって司法を担う人材育成をすべきです。



今日:ビギナーズ・ネットさんがあなたを信じています

ビギナーズ・ネットさんは「法曹養成制度検討会議: 司法修習生の給費制を復活させてほしい」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!ビギナーズ・ネットさんと36人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。