法政大学 コロナウイルスによる【前期分学費返納・免除】

法政大学 コロナウイルスによる【前期分学費返納・免除】

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:KITAGUCHI SATORU 宛先:法政大学総長 田中優子

この署名活動の意義は、「コロナウイルスによって使えない施設の閉鎖によって発生する電気・水道・ガス・人的費用などの余剰した管理費用を学生に返却し、前期の学費を一部返還・免除を求める」ことです。

現在、法政大学では新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言を受け、学生及び教員の入構の禁止を決定し、学生の健康を維持しつつ通常通り授業ができるようになるまではWEBを利用したオンライン授業(遠隔授業)を行うことが決まりました。この対応がいつまで続くのかの見通しは立っていません。

しかし、先日、学生に対して昨年度と変わらず同額の学費を請求する旨の振込表が届きました。(授業料406,000 + 教育充実費114,000 + 学会費学部2,000 + 後援会費7,000の合計にして529,000円)

図書館をはじめとした、食堂、体育館、キャリアセンター、コミュニティラウンジなどの学生が使える施設が使用できない状況で、かつ、教員による慣れないオンライン授業では、例年通りの学生生活を送れません。その中で例年と変わらない前期分の学費を払うということが適切だといえるでしょうか。

加えて、緊急事態宣言に伴い、家庭の経済事情によりアルバイトや奨学金制度を利用して学費を捻出している学生にとって、今学期の授業の支払いやオンライン授業の設備投資等が経済的に困難と思われる学生も存在します。

確かに法政大学は新たに行う学生支援として、一部の学生に学費の延納や、期間限定募金などの対応をしています。しかし、学費の延納は一時的な対処にしかならず、経済的理由で退学を検討している学生もいるほどです。

現在、他の教育機関、例えば立命館大学では25億円の学びの緊急支援を実施すると発表しました。

総長のお言葉に『急激な変化は、つらいものです。しかし同時に、次の世界への夢も、もたらします。「こうするつもり」だったことがかなわなくなっても、必ず、新たな夢をもつことができます。』とありますが、急激な変化にはそれを耐えうるだけの適切な支援があってこその次の世界への夢をもたらすと思います。

こうした環境で署名していただくことによって、経済的な理由により学びをあきらめてしまう学生を一人でも救いたいと思っておりますので、支援をどうぞよろしくお願いします。

在学生の方
住所のところに在籍学部学科、郵便番号のところに学籍番号を記入してください。メールアドレスは学内のメアドを使ってください。

本学生以外の関係者の方
居住地のところに卒業生・学生の親、など大学との関係がわかる記入をお願いします。また卒業生の方は郵便番号のところに卒業年を記入してください。

 

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!