キャンペーン成功!

虐待死における刑事罰に死刑を求める。

8人の賛同者により、成功へ導かれました!


昨今、子供が子供を産み親の自覚もなしに虐待に至らしめる。そんな悲しい事件が多発しております。さらに離婚率の高さに比例して連れ子ありきの再婚で虐待死事案が目に余る事態へとなっており、世間では議論となっております。

東京都目黒区で、衰弱した船戸結愛ちゃん(5)を放置したとして、両親が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された事件。3月に結愛ちゃんが死亡して事件が発覚した当時、父親の雄大容疑者(33)が「勉強しろと言ったが、寝ていたので暴行した」と供述していたことが、捜査関係者への取材で判明した。

この様な事案がたくさんあります。しかし、彼らは数年服役するだけで死に至らしめた事実を清算できてしまうのです。

当方は直接関係省庁の課・係に署名(請願)を添えて、保護責任者遺棄致死における死刑適応の法律改正を訴えを起こす予定です。

まず、法律改正は、官僚が改正案を作成して国会で議決をもらう方法と、請願により国会で改正が必要と認めて、関係省庁が改正案を作成し国会で議決する方法があります。

 

虐待死において許されない加害者へ簡単な社会復帰ん許してはなりません。



今日:Hさんがあなたを信じています

K Hさんは「法務省 法改正: 虐待死における刑事罰に死刑を求める。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Hさんと7人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。